なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

鈴木恵TRIO『恋は水色』

鈴木恵TRIO『恋は水色』


パワー・ポップ・バンドのEXTENSION58のフロントマンで
最近はRYUTistに楽曲提供もしている新潟拠点の男性シンガーソングライターの鈴木恵による、
2007年スタートのプロジェクト・バンドが約4年ぶりに出した2枚目のCDの5曲入り。

鈴木恵(ヴォーカル、ギター、サックス、フルート、オルガン、パーカッション)、
おおのただし(ヴォーカル、ベース)、
青木宏美(ヴォーカル、ドラムス、グロッケンシュピール、メロディカ、パーカッション)がメンバーだ。

基本的にロック・バンド編成で演奏しているが
シンプルな作りながら彩り豊かなアレンジも相まって一曲一曲が短編映画みたいなCDである。
ブラジル音楽、ソフト・ロック、R&B、AOR、ネオアコなどなどのスペシャル・ブレンドで、
パワー・ポップ通過後のメロウなポップスが生き生きと息をしているサウンドだ。
女性ドラマーならではと言えるやわらかいビート感と適度にゆるいリズムも甘酸っぱい旋律の楽曲にピッタリで、
パンチの効いたパワフルなポップスが空間に広がっていく。
曲によってゲストが
ペダル・スティール・ギター、エレクトリック・ピアノ、トランペット、トロンボーンを加えているのも効果的だ。
奥行きと広がりのあるレコーディングの仕上がりも申し分無し。
みずみずしい響きに“耳が奪われる”のだ。

借りてきた猫みたいに上品な歌い方ではなく多少英語混じりの日本語で歌うヴォーカルもナチュラルで、
“ポーズ”を付けてないから滑らか。
CDタイトルやジャケット画のイメージのドラマが歌詞でも繰り広げられ、
タイプは違えどSHE & HIMあたりとも接点を持ち得る“地方都市のシティ・ポップス”と言いたい。

収録曲は5曲ながらトータル約19分でなかなか濃く聴き応えありありの作品だ。
誠実な音楽にジャンルは関係ないのです。


★鈴木恵TRIO『恋は水色』(SONG CYCLE KOSC-002)CD


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1742-054ae759

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (288)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (400)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (91)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (118)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん