なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

AVVIKELSSE『Avvikelsse』

AVVIKELSSE.jpg


オムニバスCD『Total Exposure』(2013年)にも参加していたABSTARKTのギターとドラムを含む、
大阪のハードコア・パンク・バンドによる6曲入りのデビュー7”EP。

スウェーデン語で“逸脱”を意味するバンド名がダテじゃない驚愕のサウンドだ。
GLOOMを初めて聴いた時の衝撃を思い起こすが、
クラストコアとも日本で言うところのノイズコア(not ANAL CUNTタイプ)とも接しつつ違う。
初期から後期までひっくるめたANTISECTがスウェーデンのノイズ・パンクの猛爆を受けたかのようだ。
緩急織り交ぜた中にアルペジオを含む憂鬱の旋律も鎮魂歌の如く滲み出てくるが、
いわゆるネオクラストとニアミスしつつも芯までカオスな音に腰を抜かす。

速いパートも疾走感だのそういうもんを超越し、
ノイズ・コントロールといい楽曲展開といい恐れを知らぬ不敵なセンスに溢れている。
曲作りをはじめとして、
何よりオベンキョーしてこしらえたように聞こえないところが素晴らしい。
“優等生”じゃないのだ。
針が振り切れている。

歌詞は英語でジャケットに綴られた言葉からイメージできる感じではある。
「1945」という曲では広島と長崎をモチーフにしているが、
他の曲は中東をはじめとする今の世界中の混沌がイメージできる内容で、
普遍的にポイントを突く言葉が音の中に刻まれる。
いらだちと悲嘆がサウンドと共振しているのだ。
DISCHARGEの80~82年の作品がそうであるように、
聴いていると戦争や内戦下などで空爆やテロに襲われる人々が目に浮かぶ。

針を落とすたびに発見がある音作りのレコードで、
いわゆる完成度が高いレコーディングとは対極の音の仕上がりもパーフェクトである。
スリーヴも含めてコダワリの丁寧な作りだ。
収録曲6曲でも聴き応えありありでオススメ。


★AVVIKELSSE『Avvikelsse』(CRUST WAR CRUST WAR-053)7”EP


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1750-b18584f6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (238)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (89)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん