なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

SERPENTINE DOMINION『Serpentine Dominion』

SERPENTINE DOMINION『Serpentine Dominion』


KILLSWITCH ENGAGE
のリーダーのアダム・ デュトキエヴィッチが中心になった
米国の“新型エクストリーム・メタル・バンド”のデビュー作。

他のメンバーは、
CANNIBAL CORPSEのジョージ・コープスグラインダー・フィッシャー(vo)と、
BLACK DAHLIA MURDERのシャノン・ルーカス(ds)である。
アダムはこのアルバムでギター、ベース、ヴォーカル、プロデュース、録音、ミックスを担当。
歌詞はアダムとKILLSWITCH ENGAGEのジェシー・リーチが書き、
アートワークはKILLSWITCH ENGAGEのマイク・ダントニオが手掛けている。

以上のメンツから想像できる期待を裏切らない作品だ。

ジョージがリード・ヴォーカルだからというだけでなく
さりげなくジャズっぽい展開も含めてCANNIBAL CORPSEを思い出すデス・メタル・パート中心で、
ブラスト・ビート全開の猪突猛進パートや混沌のミディアム・テンポのパートで押す曲も含むが、
デス・メタルと言い切れないサウンドである。
メロディアスなインスト・ナンバーとアコースティックなインスト・ナンバーの2曲に加え、
曲によってはKILLSWITCH ENGAGEを思わせるメロディアスなサイド・ヴォーカルも入り、
叙情性もアクセントになっているのだ。
もちろん既存のメロディック・デス・メタルのスタイルとは一線を画す。
簡潔なギター・ソロで鮮血のメロディが噴き出し、
アダムの作曲ならではのフックがどの曲にも設けられていて暗雲の中から光も差し込んでいる。

音楽性はデス・メタル寄りでも歌詞はポリティカルなニュアンスが強い。
シリアをはじめとする中東、アフリカ北部、アフガニスタン~パキスタンなど、
世界中の紛争の現場をイメージする。
アルバム全体が哀切の念に貫かれていて悲嘆が簡潔に凝縮された聴き応え十分の一枚。


★SERPENTINE DOMINION『Serpentine Dominion』(METAL BLADE 3984-15490-2)CD
12ページのブックレット封入の約27分9曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1762-990084b8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん