なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

drillman『vesa』(reissue)

drillman『vesa』(reissue)


京都拠点のパンク・バンドのHELLRISERを率いていたQ-ZOらが92年に結成したオルタナティヴ・ロック系バンドが、
2000年にTAG RAG Recordsからリリースしたサード・アルバムのリイシュー盤。
アートワークを新調し、
CONVEX LEVELの渡辺良が2012年にリマスタリングした音が使われ、
体温を感じる仕上がりだ。

ギター、ベース、ドラムスの他に、
キーボード、シンセサイザー、プログラミング、ジャンベなどのパーカッションなども使用。
エレクロトニカ、シューゲイザー、ドリーム・ポップ、ソフト・ダブ、クラウト・ロックの間も行きかう、
たおやかなサウンドのパワフルなゆらぎに包まれていく。
反復パートも多いが、
いわゆるトランスものよりはポスト・パンク寄りのやさしい弾力の質感の響きで、
ていねいに紡ぎ上げられた作りである。

時にスペーシーで、
曲によってはエレクトリック・ギターがうなりを上げてドラマチックにも展開するロック・ミュージック。
インスト主体ながら日本語のヴォーカルも音に溶け込んでいる。
曲が進むにつれて桃源郷が見えてくる。
ラスト・ナンバーの曲名でもある“floating sun”という言葉のイメージの木漏れ日の浮遊みたいなサウンドだ。

無機的ではなく人間のぬくもりを感じる一枚。


★drillman『vesa』(NASCA CAR Recordings NCR-004)CD
六つ折りペーパー・スリーヴ仕様の約57分7曲入り。
実際のジャケットは↑の画像よりも色が濃いです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1764-c4a5d2e1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん