なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

OBITUARY『Ten Thousand Ways To Die』

OBITUARY『Ten Thousand Ways To Die』


80年代半ばから活動している米国フロリダ産デス・メタル老舗バンドOBITUARYの新録盤。
新曲2曲がメインのCDで、
ライヴ12曲がボーナス・トラックになっている。


1曲の「Loathe」はOBITUARYらしいスロー・チューンによる曲名通りに胸糞悪くなるほどの嫌悪グルーヴで、
ジャケットどおりに無数の屍の無念の命の中から産まれ出た怪物そのもののサウンド。
至福のフレーズのアルバム・タイトル曲である2曲目もミディアム・テンポで、
これぞOBITUARY!のドライな粘着サウンド。
録音もしているセルフ・プロデュースで文句無し!の2曲だ。

残りの12曲は今年2~3月の北米ツアーの中から11ヶ所のライヴをピックアップしてまとめたものだが、
むろん音質のバラつきなどの違和感を覚えさせない仕上がりである。
『Frozen In Time』(2005年)から1曲、
『Inked In Blood』(2014年)から2曲、
『Slowly We Rot』(89年)から4曲、
『Cause of Death』(90年)から4曲、
『World Demise』(94年)から1曲という、
最初の2作の曲が過半数を占める極端なセットリストで構成。
だがむろんなんも問題はない。

誤解を恐れずに言えばOBITUARYはロックンロール・バンドである。
ブラスト・ビートを使わず、
大ざっぱに言えばスラッシュ・メタルとドゥーム・メタルを粘着質の残忍な音でドライにブレンドし、
飲めや歌えやの“ロックンロール”の肝で笑いながら晴天の下で皆殺しにするようなサウンドだ。
ロックンロールは“いかにもの様式”のスタイルだけじゃない。
デス・メタルだってブラック・メタルだってロックンロールが根っこのバンドは無数存在するわけである

抜けのいいドラムをはじめとしてアメリカンな開放精神炸裂のダイナミズムに解放される。
メンバー写真の満面の笑顔が最近のSCORPIONSの写真みたいなところも実にクール。
浴びれば生き延びられる一枚だ。


★OBITUARY『Ten Thousand Ways To Die』(RELAPSE RR7364)CD
計約55分13曲入り(そのうちメドレーの2曲は1トラック扱い)。
帯付き。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1765-2db7d82b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん