なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

SITHTER/『Chaotic Fiend(混沌の悪鬼)』

SITHTER/『Chaotic Fiend(混沌の悪鬼)』


2006年から東京拠点に活動しているドゥーム・ロック/スラッジ・コア・バンド、
SITHTER(シスター)のセカンド・フル・アルバム。
先月東高円寺二万電圧で観たセルビアのHERETIC RITESとのツアーでのライヴは強烈だったが、
この作品も聴き応え十二分である。

EYEHATEGODからの影響が少なくないとはいえウワベだけでなく、
モダンなブルース感覚のギターもブライアン・パットン直系の旨みを消化。
クラスティなハードコア・パンク・パートを含む曲にも度肝を抜かれる。
ダーティなスラッジ・コアだが、
音はわざとらしくノイジーな露悪趣味には陥らずナチュラルだから躍動。
タメの効いたリズムのドラムとクルーヴィなノリのベースの絡みにより、
ところによってはSLEEPを思わせるドライヴ感で持っていかれる。
勢いを殺さずにじっくり練り上げられたフックのある曲作りも特筆すべきで、
ギター・ソロも渋い16分を越えるラスト・ナンバー「Jerusalem Axe Massacre」も一気に聴かせる。

嫌悪感を醸し出すヴォーカルは“GRIEF meets IRON MONKEY”といった佇まいだが、
パンクな持ち味でぐいぐい迫る。
映画『スターウォーズ』に登場するシス・マスター(Sith Master)が
バンド名の引用元というのもうなずける怪しい雰囲気なのであった。

西東京市のスタジオのノイズ・ルームでのレコーディングにより、
鬱な音像の中でノイズの粒もいい感じで舞い走っていて音の仕上がりも良好の力作である。


★シスター『混沌の悪鬼』(梵天 BTC-008)CD
約55分9曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1766-8abd465d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん