なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』(DVD)

janis_DVD.jpg


米国テキサス生まれのシンガーだったジャニス・ジョプリンのドキュメンタリーDVD。

昨年日本公開もされた映画で、
本人や関係者の話と映像/写真でシンプルに構成し、
1943年1月の誕生から1970年10月の他界までを順に追ったオーソドックスな作りである。
地味な仕上がりが実はジャニスらしいし、
それがまた切ない。
音楽ドキュメンタリー映画によくある他のミュージシャンなどの“絶賛トーク”は本編に含めず、
ハードボイルドな編集で勝負。
やんちゃで早くも進取の精神に富んでいた子供の頃やイジメられた高校/大学時代を経て
人前で歌うようになり、
脚光を浴びる中でバンド・メンバーや色々な人との確執や軋轢が増していくまでの流れが
わかりやすく描かれている。

ライヴやインタヴュー等におけるジャニスの昔の映像や写真はもちろんのこと、
コンサートの観客の様子やニュース・フィルムの映像からも時代の匂いが漂ってくる。
テレビ番組やスタジオなどでのジャニスはあまり屈託を感じさせずにオチャメで豪快にも見えるが、
だからこそ逆に心に刻まれ続けた深手がひしひしと伝わってくる作品だ。
この映画を観るとステージでの彼女はいつも重い。
解き放たれるために歌っているように映る。

あまり悩みを公けにはせずに笑い飛ばそうとする気質もあって、
当時のジャニスのインタヴューではせいぜいほのめかす程度しか孤独や“痛み”が語られていない。
彼女が抱え込んだものは、
この映画のために収録したものと思しき関係者たちの談話で炙り出される
ジョン・レノンなど当時話している映像も一部あり)。
妹、弟、幼馴染、高校時代やテキサス時代の男友達、歌い始めた頃に“同棲”していた“彼女”、元彼、
バンド・メンバー、ローリング・ストーン誌の記者、レコード会社の人、テレビ番組の司会者、
映画『モンタレー・ポップ』の監督らが、
ジャニスを率直に語っている。

母親をはじめとする家族にマメに送っていた手紙をたくさん公開しているのも特筆したい。
米国の女優が代読してナレーションのようになっているのも効果的で、
家族に対するジャニスの思いもこっちに染み込んでくる。

スキャンダラスな人だけに関係者の発言も慎重にピックアップしたと思われるが、
それでも赤裸々な言葉も多い。
何かと言い訳を付けて本質を隠す“伏字文化”の日本の音楽ドキュメンタリーではなかなかない作りだ。
とりわけ活動後期はヘロインとアルコールに浸かっていたようで、
“セックス、ドラッグ、ロックンロール”のイメージを体現していたようにも映る。
容姿に対するコンプレックスをハングリーなエナジーに昇華して
“自己実現”への執念に燃えていたようにも見えるが、
似て非なるものでヤリマンというより“恋多き女”と言いたい。

「しあわせになりたいだけなのに」という、
とある人物に宛てた手紙のシンプルな言葉がとても心に響く映画だ。


DVDの映像特典についても触れておきたい。
映画のために行なった関係者のトークがほとんどで、
本編に含めたら散漫になって全体の流れを削ぐとはいえ公開しないのは惜しいもので構成されている。
ジャニスの酒呑みの話やジャニスがヘルズ・エンジェルスと向き合った話など、
そそられるエピソードがいっぱいだ。
この映画の監督らが制作秘話明かすトーク番組、
Big Brother and the Holding Companyの3人の新規収録アカペラ、
メリサ・エスリッジなどがジャニスからの影響を語る映像、
映画の予告編(2ヴァージョン)も観られる。


★『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』(キング KIBF 1460)DVD
本編104分+映像特典計約53分。


スポンサーサイト

コメント

こんばんは,久々に書き込みます.
昨年末に,映画館で観てきました!

相手とは微妙に齟齬しながら,自分の理想を語る手紙が,
とても印象深かったです.

けれども,歌を口ずさめば一転,心を鷲掴みにされました.
なんだか,その歌声の素晴らしさって,前後の文脈関係なく
引きずり込まれるのだなって.

一家に一台ならぬ一人一曲の細分化された時代に,
圧倒的な歌ごえがあるものだなと感じました.
あれだけ感情を与え過ぎるのもしんどそうですが.
手紙のシークエンスは鋭いなと思います.

自分の好みもあるんでしょうが(いや,好みだけかも?),
ジャニスとビリー・ホリデイを聴くと涙が滲みます.
なのであんま聴かないです,まったく・・・

なんかとっちらかった感想になっちゃいました,すいません.
多分僕の疑問と監督の狙いがあってないんですね.
でも,ジャニスと真摯に向き合ったいい映画だと思います.

では,また!







Re: タイトルなし

ss2gさん、書き込みありがとうございます。
手紙を上手く挿入していいアクセントになっていますし、
母親との関係も口にするきょうだいの発言と行動も同様で、
イジメとともに家族関係がジャニスの歌に影響を与えたことを示唆する作りになっていますね。
手紙はまっすぐなジャニスの気持がよく表われていて、
それがあの歌声にも直結している作りかなと思います。
いわゆるメッセージを書いて歌うシンガーではなかったですが、
そういうことを超えた感情の歌声ですからね。
好みすぎてというか、自分と合いすぎて、あまり聴かないアーティストやバンドもいるものです・・・僕はNIRVANAがそうかも。
> なんかとっちらかった感想になっちゃいました,すいません.
合理的な文の百万倍、とっちらかった言葉はリアルに響きますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1787-981206c8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (236)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (87)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん