なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

RYO FUJITA『HITO.RI.GOTO』

藤田亮


柳川芳命などの様々なミュージシャンと共演する一方で須原敬三らとバンド活動も行ない、
大阪拠点に多彩な活動を繰り広げている1976年生まれの藤田亮の新作。
いわゆる他の打楽器類も使っているように聞こえるが、
オーヴァーダビング無しのドラム独演一発録りと思しき約22分1トラック入りだ。


藤田がインスパイアされたバンドCHAOS UKの83年のファースト・アルバムを思い出すジャケットだが
(ちなみに裏面[↓の画像]はINUの『メシ喰うな!』)、
パロディというよりオマージュの気持ちが感じられる。
音の方はノイズ・コアではなく、
あえて轟音と正反対の、ちいさな、ちいさな音で勝負したかのようで、
ジャケットの4つの黒い四角形を手描きしたことに象徴されるように、
音も手作りの佇まいだ。

祭太鼓みたいなリズムやマーチング・ドラムのリズムも息をしていて、
いわゆるロックのリズムとは一線を画す。
かといってジャズでもなく、
いかにも民俗音楽とも違う。
原始のリズムであり、
太古(ancient)からのリズムにも聞こえるが、
すべては藤田自身の律動である。

実際は使っているのだが、
バス・ドラム(キック)の音はほとんど聞こえてこないほどの打ち方だ。
スネアの音は転がり、
ところによってはスティックを使わずに手で叩いているようでもある。
たいへんデリケイトにシンバルを多用しているところも特色で、
個人的には様々なジャンル含めて最近の作品ではあまり聴いたことがないほど高音域が際立つ。

静寂を司り、
贅を削ぎ落とし殺ぎ落とし、
研ぎ澄まされている。
精気が静かに息づく覚醒の調べに、
霊魂(soul/spirit)を呼び起こすような意志と意思が宿る。
祈祷の音楽といっても過言ではない。

灰野敬二のパーカッション・ソロ・パフォーマンスも思い出す。
ただし藤田はドラム・セットを使っていると思われ、
いわゆるロック・バンドのドラム・ソロのダイナミズムも内包しているのが嬉しい。

マイクの立て方などの録音方法やマスタリングなどにも気を配ったと思しき、
音の定位が見えてくる立体感抜群のレコーディングの仕上がりも特筆したい。
ドラムを打っている腕の動きも見えてくるほどだ。
だからこそヴォリュームによって聞こえ方が違い、
ヴォリュームを下げてもドラム・セットの各部分の響きがしっかり聞こえてくるが、
それでもなお“プレイ・ラウド!”とも言いたくなる。

確かな個性が光る一枚。

藤田亮 ジャケット裏

★RYO FUJITA『HITO.RI.GOTO』(No Label, No Number)CD-R
薄手のプラケース仕様ながら厚手の紙のしっかりした作りのジャケット封入。
https://www.facebook.com/rfujita3


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1792-0835c0da

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (290)
映画 (247)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (409)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん