なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画“イタリア ネオ+クラッシコ 映画祭2017”

3_convert_20170313103204.jpg


東京・YEBISU GARDEN CINEMAで<イタリア ネオ+クラッシコ 映画祭2017>が開催中。
いわゆる古典と“新たなる古典”のイタリア映画18作品の上映で、
旧作のほとんどがデジタル・リマスター版だ。

ヴィットリオ・デ・シーカ監督の『自転車泥棒』(1948年)や
フェデリコ・フェリーニ監督の『青春群像』(1953年)などの、
1970年以前の映画が大半を占める。
『フェリーニの道化師』と『汚れなき抱擁』以外の14本はデジタル・リマスター版による上映で、
大半がモノクロ映像だが、
モノクロでもデジタル・リマスター版はいい意味で人物や事物を現物に近い感じではっきりと見せる。

一方で2000年代の映画は、
パオロ・ソレンティーノ監督の『もうひとりの男』(2001年)と『愛の果てへの旅』(2004年)、
マッテオ・ガッローネ監督の『ゴモラ』(2008年)である。

無防備都市_convert_20170313103300
(『無防備都市』の一シーン)

その中から『無防備都市』をデジタル・リマスター版の試写で観た。
ロベルト・ロッセリーニ監督による1945年の映画で、
<イタリア ネオ+クラッシコ 映画祭2017>上映作で一番古い映画でもある。
1943年~1944年の史実を基にし、
ドイツ軍に占領されたイタリア・ローマで反ナチ闘争に従事するレジスタンスの闘士たちに加え、
民衆やナチも描く。
計103分の二部構成で、
共産主義者とカトリックの聖職者が組んだレジスタンスの面々が中心。
制作時期を思うとまさにリアルな作品だ。
第一部にはユーモアもちりばめられているが、
第二部では余裕がなくなって深刻に。
プリミティヴな道具が使われているだけに残虐性が際立つ拷問シーンや公開銃殺シーンも含めて
見せ方が絶妙で、
心理ドラマ的な展開も行なわれて人物たちの感情表現の彫りの深さにも痺れた。
今回5回上映される。


★映画“イタリア ネオ+クラッシコ 映画祭2017”
http://mermaidfilms.co.jp/neoclassicoitalia2017/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1799-bba2484d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん