なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

阿部怪異『阿部怪異』

阿部怪異


非常階段JOJO広重やT.美川(INCAPACITANTS)も参加して80年代初頭に活動していたユニット、
阿部怪異(ABEKAII)の唯一の単独作であるカセット・アルバムのCDリイシュー。
そのカセットのA面とB面がCDの一トラックにすべて収められているが、
一つのトラックに数曲分収められているようにも聞こえる2トラック入りだ。
ちなみにカセット・テープでのオリジナル版のリリース元は、
灰野敬二やタコ(TACO)のファーストも出したPINAKOTHECA Recordsである。

各々のセッションによって5~6人が参加していたようで、
ドラム、ギター、キーボード、ベース、シンセサイザー、サックスなどを使い、
ほぼインストのフリー・ミュージックといった趣。
とはいえパワフルなドラムが鍵を握っている演奏だからけっこうノりやすく、
ロックである。

フリー・ジャズ、ポスト・パンク、ミッド・テンポの宇宙音楽、純プログレ、
ショート・カット・パートの繰り返しなどなどで構成され、
ちょいポップ、でもフリーキー、ところによってファンキー。
不失者、THIS HEAT、CONTORTIONSを思い出す瞬間もある。
もちろんエエかっこしいみたいなのじゃないしサブカル臭もなく、
パンク・ロックから逸脱していた初期関西パンクの流れをしっかりくんでいるやんちゃな演奏で、
RAMONESのディー・ディー・ラモーンばりの“カウント”もところによっては聞こえてくる。

セリフなどが入っているわけではなく音楽オンリーだが、
何が飛び出してくるかわからない“ドラマ仕立て”の流れ。
ユニット名を時代劇『子連れ狼』の登場人物から引用したことに納得の珍妙な緊迫感に包まれた怪盤、
いや快盤である。


★阿部怪異『阿部怪異』(ALCHEMY ARCD-257)CD
ユニット名の名付け親でもある美川のライナー付の約47分2曲入り。


スポンサーサイト

コメント

阿部怪異

子連れ狼に登場する阿部怪異からの引用だったんですね。しかしあのキャラクターの存在感はすごかった。ドラマの方の話題で恐縮です。

Re: 阿部怪異

REAL増田恵一さん、書き込みありがとうございます。
ドラマの方の話題だとしても、あのキャラクターを意識したと思しき名付け親の美川さんも喜ぶと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1802-c499cac7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (236)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (87)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん