なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

死神『共喰いの未明』

死神『共喰いの未明


2004年から東京拠点に活動している男性アーティストのサード・アルバム。
唄、ギター、打楽器、作詞、作曲、編曲を一人で担当したCDだ。

デリケイトな弦の震えをたたえたギター弾き語りでほぼ全編唄い倒し、
じっくり、じっくり、長めの曲を歌い進めていく。
フォークと言えそうな音楽スタイルだが、
奇をてらったプレイをしなくてもいわゆるフォークのスタイルから微妙に逸脱し、
“アヴァン・フォーク”とも呼びたくなる長めの曲の短編映画6篇で構成したかのような、
ある種のプログレのようにドラマチックなCDだ。

演歌ではないが、
歌声は“艶歌”であり、
歌の内容は“炎歌”であり“怨歌”であり“厭歌”でもある。
詠唱にも聞こえる。
ただ、ベタと言えるほど“ネガティヴなイメージの言葉”も多用するとはいえ、
いかにもの日本情緒ベッタリの歌とは一線を画し、
歌詞も含めて硬質な表現が光る。

ところによっては早川義夫を思い出すが、
もっとまっすぐな発声だ。
朗吟と言ってもいいほどである。
“死神”という名ゆえにキワモノのイメージも湧くが、
ピュアな喉の震えで強靭。
このCDは卑屈を突き抜ける。
印象に残るメロディ・ラインのソングライティングも特筆すべきで、
音も美しい。

ヒトという“種”に真正面から向き合っているがゆえの地獄絵図の“共喰いラヴソング”である。


★死神『共喰いの未明』(伊丹社 ITMS-965)CD
丁子紅子が担当したジャケット画の約40分5曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1815-49a37691

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (293)
映画 (257)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (419)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (96)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (122)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん