なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

Lou Reed『American Poet』

170430 Lou Reed『American Poet』


2001年にリリースされたライヴ盤の新装版。
権利関係はクリアーされていると思しきルー・リードの非オフィシャル・リリースの中でも
一番知られていると思しきもので、
何度か再発されているが、
これは昨年の11~12月にジャケットを微妙に変えて2枚組CDで発売されたものだ。

2枚ともリリースしたばかりのセカンド・ソロ・アルバム『Transformer』のツアーで、
もちろんVELVET UNDERGROUNDの曲も半数を占める。
ルーはヴォーカルに専念し、
ツイン・ギターを擁する4人編成のバンドとのステージだ。
『Transformer』に参加したミュージシャンも有名なミュージシャンも演奏してないし、
ルーがソロ・ツアーを始めた頃だと思うが、
グッド・パフォーマンス。
共に音質まずまずだ。

CD1は72年の12月26日のライヴが11曲で、
6トラック目にインタヴューが入っている計約62分のCD。
以前のCDにも入っていた音源である。
スローな「I'm Waiting For The Man」をはじめとして、
もちろんスタジオ録音ヴァージョンそのままではやってないが、
基本的にソロ初期2作の路線のけっこうストレートなロックンロール・アプローチだ。

CD2は今回の追加CDで73年1月27日のライヴが約74分14曲入っている。
「Rock ‘n’ Roll」は曲の途中からだが、
CD1に未収録の「Wagon Wheel」「New Age」「I Can’t Stand It」「Sister Ray」も聴ける。

本作のアート・ワークの写真を撮ったミック・ロックにインタヴューした際に
レコード・コレクターズ誌5月号に掲載)、
彼曰く「(様々な意味で)ルーは人を試す」とも言っていた。
それは絶対的な本気のコミュニケーションを求めていたからだとあらためて思うライヴ盤である。


★Lou Reed『American Poet』(EASY ACTION EARS119A)2CD
CD盤は2枚とも無地の紙袋に収納されていて、
ミック・ロックが72年の夏に撮影した写真が彩りライナーが付いた16ページのブックレット封入の
二つ折り紙ジャケット。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1819-bd229858

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (288)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (400)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (91)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (118)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん