なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』

Boston Tea Party, Jul 11th 1969


これまた非オフィシャル・リリースながら権利関係はクリアしていると思しきライヴ盤。
タイトルどおりの内容で、
ディスク1が34分56秒、
ディスク2が52分11秒である。

言うまでもなくクリアーな音質ではない。
全パートが混ざり合っていて、
やや音が膨張しているが、
歪みも穢れも許さない潔癖症の浮き世にふさわしい。
ステージが遠めながらリマスタリング効果か比較的ヴォーカルは聞こえやすいサウンドのバランスだ。
いわゆるオーディエンス録音と思われるが、
アンコールを求める部分以外は観客の歓声等はほとんど聞こえないし、
中身の濃さも考慮すれば重度のVELVET UNDERGROUNDファンなら問題なく楽しめるだろう。

ルー・リード(vo、g)が死ぬまでほぼ欠かさずステージで披露していた「Heroin」がない点で、
なかなかレアなセットリストだ。
その代わり「Run Run Run」を15分もやり、
ややスロー・モーションの「White Light/White Heat」もやかましくって素ん晴らしい。

むろんすべてがなまめかしいメタル“サイケデリック”ミュージックである。
エレクトリックで毛穴から感電する。
ラストは「Sister Ray>The Murder Mystery」と曲名がクレジットされたトラックで約22分。
「Sister Ray」の中に「The Murder Mystery」が混じっていると思われ、
基本的には「Sister Ray」だ。
セカンド・アルバム『White Light/White Heat』収録のヴァージョンに近いが、
後半でかなり加速していてドロドロしている。

底無し沼からこそ泉が湧く。
わざとらしい歌とオシャレなノイズにウンザリしてロックンロールでブッ飛びたい時の心の友。
と同時に「I’m Set Free」と「Beginning To See The Light」に救われる。


★VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』(SPY GLASS SPY2CD3002)CD
ライナーが載った8ページのブックレット封入。


スポンサーサイト

コメント

いつも拝見させていただいてます。
一つ質問ですが、権利関係はクリアしてると思われるっていうのは何か根拠があるのでしょうか?

上げ足取ろうとかでなく、単純に気になったのです。
お気に障ったら申し訳ないです。

好きなアーティストの物は全部揃えたい。でも金儲けの物はあまり買いたくないってのが本音です。

以前にDOLLであったブートレグを考えるって特集が未だに頭に残ってます。
なんらかの形でアーティストに還元されているものだと嬉しいです。
駄文申し訳ないです。

Re: タイトルなし

清水さん、書き込みありがとうございます。
一般の流通/配給網を通して販売されているものは権利関係クリアー・・・販売しても法的に訴えられないもの・・・と解釈しています。
たとえばアマゾン、HMV、ディスクユニオンあたりでも販売されているものという感じです。
そういうところで販売されていない“ブートレッグ”もありますからね。
イギー・ポップ関連も非常に灰色っぽいリリースが多いですが、Easy Action Recordsあたりの結構認知されているレーベルが出したCDは公認ではないとしてもブートレッグとは違う感じだと思います。ちょっと前にブログで書いたルー・リードの『American Poet』はミック・ロック撮影の写真をクレジット入りでたくさん使っているしで、著作権等もちゃんとしたリリースだと思います。そのへんのCDは灰色というよりオフィシャルに近いかもしれませんね。
ただ今回書いたCDは怪しいですね。コピーライトのクレジットはリリース・レーベルになっています。お金がルーの権利者に渡るのか不明です。
VELVET UNDERGROUNDもので、このブログでも書いた『La Cave 1968』は、MSIから日本仕様版が発売されましたが、それは発売しても権利関係で問題がないからかなと勝手に解釈しました。そのCDも怪しいですが。
DOLLのブートレッグ特集記事は興味深かったですね、複雑なファン心理も表れていて。
気遣いの言葉にも感謝します。

読み返してみると結構キツイ質問にわざわざ返信ありがとうございます。
納得できました。

ブートレグとはちょっと違うかも知れませんが、いつでも音源が買えるようにと考えてリリースをする原爆(フルでバンド名入れるとコメント弾かれます笑)はやっぱり素敵だなと思います。パンクの弁護士的な位置づけだと勝手に思ってます。

Re: タイトルなし

清水さん、書き込みありがとうございます。
全然キツくないです全然オッケーです。
その音源をリリースする権利関係はクリアーしているという意味です。だから極端なわかりやすい話、VELVET UNDERGROUNDなら『 Live At Maxis Kansas City』を他のレーベルが発売したら即発禁ですね。
おなにーをカタカナで書くのはダメでしたか! 本文の方は“検閲”なしなんですけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1837-087a8dc9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん