なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

C.H.E.W.『Demo』

CHEW.jpg


女性ヴォーカルを擁する米国シカゴ拠点のハードコア・パンク・バンドが、
昨年デモとして発表した音源をレコード化した7”EP。

レコード盤に針を落としていざ再生!したが、
33回転で聴いても45回転で聴いても違和感がない。
このレコードより音が整理された感じに聞こえるC.H.E.W.のバンドキャンプの
https://chewpunx.bandcamp.com/album/s-t
で確かめて、
33回転推奨!とわかる。

全7曲、一瞬たりとも息を抜けないサウンドの叩きつけにあちこちの体液が漏れる。
加速度もハンパないしタメの利いたミディアム・テンポの曲にも急所を狙われる。
それていでジャケット・デザインに表れているようにさりげなくポップ。
絶叫もMUFFSのハードコア・ヴァージョンみたいに炸裂する。

81年のDISCHARGEDEAD KENNEDYSの邂逅にも聞こえ、
DISCHARGEの「Protest And Survive」ならぬ「Protect And Swerve」という曲も意味深長。
歌詞も“トレンディーなネタを取ってつけたみんなと一緒のポリティカル・ソング”なんかじゃなく、
はらわた爆発原始パンク・ソングの嵐で胸がすく。

これぞハードコア・パンク。


★C.H.E.W.『Demo』(NECK CHOP CHOP-013)7”EP


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1845-e43077ea

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (405)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん