なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

擾乱主(ジョーランズ/Jorans)『永遠なる木霊』

擾乱主 Jorans


福井県拠点の皇帝魚(vo、g)が石塚俊明(ds、per/頭脳警察ほか)と出会い、
2012年に結成したバンドのファースト・フル・アルバム。

このCDには川崎淳一(b、noise)を加えた3人がメンバーとしてクレジットされている。
さらに石間秀機(FLOWER TRAVELLIN' BAND)が5曲目と7曲目と9曲目で独自楽器のsitarlaを弾き、
最後の曲では
石塚もメンバーのギャーテーズの橋本雅敏が詩、
Massadogss (Last call)がインディアン・ドラム、
Hoshikoがコーラスで参加している。

FLOWER TRAVELLIN' BANDっぽいのリリカルなインストも含むが、
日本語で歌う繊細なヴォーカルが前面に出つつバンドならではのダイナミズムも大切にした仕上がりだ。
前に出すぎずに歌を立てつつも即“Toshiの音!”とわかる自己主張のビートでしっかり“歌う”、
石塚のドラム・プレイも寡黙にして雄弁である。

1968~1969年あたりのPINK FLOYDの抒情性に覆われつつ和の情念も滲む曲あり、
70年代の日本のフォークを思い出すセンチメンタリズムの曲あり、
ジャズのビート感の曲あり、
疾走躍動する曲あり、
和製サイケな音と朗読で進める曲あり。
曲によっては、
ボブ・ディランとニール・ヤングのリズムが混ざったような歌い方で艶やかなギター・ソロが光り、
ちょいファンキーで“吉田拓郎 meets 友川カズキ”みたいな佇まいの歌も聴かせる。

「BLUE」「楢山節考」「天国の扉」「ムスカリ」「光に照らされた快楽」「黒い海」「2107」「Noise」「Eternal Echo」という曲名からもイメージが広がってゆく。
石塚が手がけたジャケットやCD盤面のアートワークがぴったりの異形の桃源郷みたいな一枚。


★擾乱主(ジョーランズ)『永遠なる木霊』(NUDE VAMP NVR-004)CD
約38分9曲入り。
https://www.facebook.com/%E6%93%BE%E4%B9%B1-Jo-Ran-%E6%93%BE%E4%B9%B1%E4%B8%BB-Jorans-214570071986117/


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気づかいのコメントありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1882-6c4b0d53

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (298)
映画 (264)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (46)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (126)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん