なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

愛のために死す(AINOTAMENISHIS)『エクリシス(XLISIS)』

愛のために死す


2004年の結成以来、
どこかのシーンに収まることなく東京拠点に独自の展開を続けている4人組のロック・バンド、
愛のために死す(AINOTAMENISHIS)の新作。

OMやONNAのリリースでも知られる米国のHOLY MOUNTAIN Recordsから
2007年に出したLP『Live '418』でレコード・デビューし、
同年にPSF Recordsのシリーズ・オムニバスCD『『Tokyo Flashback 6』に参加している。
2010年にGYUUNE CASSETTEから出したCD『部屋と夢』に続くアルバムである。


僕の知る限りNIRVANA解釈の最もリアルな“生もの”の作品だ。
彼らは10年以上前にNIRVANAの「About A Girl」をレコーディングしたこともあるし、
ドラムも含めて『Bleach』前後のNIRVANAを思い出すが、
むろんいかにものグランジーなスタイルとは別モノ。
歌詞も含めてNIRVANAの中に、
曲によっては語りも入るフリーキーなヴォーカリゼイションも含めてINUが混在し、
曲によっては『Y』の頃のThe POP GROUPが息をしているみたいな佇まいである。
何しろフラストレイションと葛藤がそのままのたいへんデリケイトなサウンドなのだ。

さりげなくフックを設けた曲に緩急のパートが織り交ぜられ、
ところによってはシンセサイザーやスティール・ギターが彩りを添え、
まろやかなムードからソリッドなパンク、
研ぎ澄まされたシスコ・サウンド的なサイケデリックの感覚も息づく。
曲もさることながら音そのものが混沌としていて、
ギターの軋みからもヒリヒリピリピリしたリリシズムが滲み出している。
音と共振して張り裂ける思いを炸裂させつつ押し殺すようなヴォーカルは、
打ちひしがれた激情で膨張している。
町田町蔵(not 町田康)も思い出する文系センスの言葉も観念を突き抜けてリアルに迫る。

10年以上活動しているにもかかわらず気負いが失せずに“青い表現”のアルバムだ。
変わらないということは本気ということでもある。
どこか不揃いでゴツゴツしてしている。
GAUZEのセカンド・アルバムのタイトル『Equalizing Distort』じゃないが、
なんでもかんでも合理主義で人間らしい歪みやノイズですら均一化されている昨今、
とても人間を感じる一枚。


★愛のために死す『エクリシス』(RECONQUISTA RRCD-001)CD
丁寧な作りの六つ折りポスター・ジャケット仕様の約41分8曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1922-bd459a55

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (297)
映画 (264)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (45)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (126)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん