なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画“ポーランド映画祭2017”

ポーランド映画祭2017


今年も“ポーランド映画祭”の季節がやってまいりました。
11月25日~12月15日に最寄り駅が恵比寿の東京都写真美術館ホールでの開催に加え、
京都同志社大学でも12月7日に一日限定で開催が決定している。

監修は2012年の第一回目から変わらず、
『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』
今回上映される『早春』『イレブン・ミニッツ』の監督で知られ、
あの大メジャー映画『アベンジャーズ』への出演も含めて俳優としても活躍している、
奇才イエジー・スコリモフスキ。
アニメーション4小作品をまとめた回と、
ボグダン・ジヴォルスキによるドキュメンタリー5小作品をまとめた回をそれぞれ一つと数えると、
計“24タイトル”の上映だ。


今年もまたまた守りに入らぬ攻めのプログラムにどれを観ようか!?ってな嬉しい悲鳴に悩まされる。

2012年の第一回目から“ポーランド映画祭”はポーランドのクラシックな映画をたくさん披露してきた。
僕もそれでホントたくさんインスパイアされてきたし、
代表作『灰とダイヤモンド』や『コルチャック先生』(CRASSの曲「Shaved Women」とリンク)等の、
昨年他界した巨匠アンジェイ・ワイダ監督の古典でポーランド映画の入り口に最高な作品も今回上映する。

と同時に自己保身を潔しとしない進取の精神の映画祭ゆえに毎年何もかもがアップデートされている。
1950~1960年代の映画でもこれまであまり上映されてない作品も披露し、
さらに2015~2017年の映画が半数近くを占めるのが現在進行形でエキサイティングだ。
今回が日本初公開の映画も全部痺れそうな長編+αで10作近く揃えている。
ポーランド映画史上初のアカデミー賞外国語映画を受賞した『イーダ』をはじめとして、
『イマジン』『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ラブ』『最後の家族』といった
新鋭監督による2010年代のポーランド映画の新たなる傑作群も“石頭”の風通しを良くする。


種々雑多なポーランド映画を観てきて感覚が磨かれ、
それまで自分の中になかった物の見方や見る角度がプラスされていることをホント実感する。
感動の押し売りみたいな映画とは別次元の空漠感にいつもいつもいつもいつも打ちのめされる。
ギリギリの表現を体験するとただの“不幸自慢”や底の浅いプロテストもののウソ臭さも見えてくるし、
映画はもちろんのこと音楽も含めてポリティカルな表現の在り方とアプローチの仕方も考えさせられる。
新世代でも政治性抜きでも飢えた表現ゆえにスクリーンから胸を“撃つ”。
ナチスに心底ボロボロにされてソ連(≒ロシア)が“救済”したかと思えば長年支配し続けるという、
島国で考えられない国境状況で様々な国にオモチャにされてきたポーランドの歴史が消えることはない。
だから“ポーランド映画祭”であれこれ観た映画の中で
政治的表現に嘘や甘えを感じた作品は一つもない。

映画も含めてそもそもグレイトな表現はすべて政治性を超えて人間に向き合っている。
ポーランド映画は、
映画が物語や役者だけで語られるものではなく映像や使われている音楽/音声も含めて表現ということも、
あらためて知らしめる。
それって映画の真髄じゃないか。

“楽しい”にしても人の数だけ無数の“楽しい”がある。
映画でも音楽でも“結果がわかっている作品”を観たり聴いたりするのも楽しいし、
未知の作品にまぐわったフレッシュな体験で研ぎ澄まされ触発されるのも楽しい。
だから僕は今年も“ポーランド映画祭”に臨む。
たったひとつの映画でもスクリーンがひとりの人間の世界を広げて覚醒する力がある。


★映画“ポーランド映画祭2017”
http://www.polandfilmfes.com/
https://www.facebook.com/polandfilmfes/
https://twitter.com/polandfilmfesjp
11月25日~12月15日に東京都写真美術館ホール(最寄り駅は恵比寿)にて開催。
お得な特別観賞券2回券(税込み2000円)は、
東京都写真美術館1Fホール受付(※休館日にご注意ください。)、有隣堂アトレ恵比寿店、
メイジャーネット通販(https://www.major-j.com/)、お茶の水JazzTOKYOに加え、
ディスクユニオン新宿ジャズ館とディスクユニオン吉祥寺ジャズ館でも購入可能!

追記:
京都同志社大学でも12月7日に一日限定でポーランド映画祭開催決定!
http://d-live.info/program/movie/index.php?c=program_view&pk=1510551636


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1923-c359247c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (297)
映画 (264)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (45)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (126)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん