FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画『チェリーボーイズ』

★メイン1_初出しスチール_マスク無_ビジュアル_convert_20180127162050


古泉智浩の同名漫画の映画化。
林遣都と栁俊太郎と前野朋哉が演じる25歳の童貞トリオが良からぬことを企む映画で、
池田エライザが絡んだシリアス・コメディの怪作であり、
“周回遅れ”の情けない青春を描いた快作である。
『アフロ田中』(2012年)で監督デビューした松居大悟が脚本を担当し、
西海謙一郎が初の長編映画監督を務めている。

サブ1?201700331-01_TIZ_2371_convert_20180127162140

とある田舎町が舞台。
通称クンニ(林遣都)はバンドを組むために東京に行っていたが、
父親の病気を機に一時帰郷して家業の酒屋で配達をする口先だけの見栄っ張りの一応リーダーである。
通称ビーチク(栁俊太郎)は地元の市役所で働き、
イケメンながらイジくりすぎで変形した乳首がコンプレックスで裸を見せられない。
通称カウパー(前野朋哉)はパチンコ屋に勤める処女志向の強いシャイな性格。
こだわりだけは強くプライドだけは高いがゆえに3人とも童貞の25歳である。

地元を仕切るDQNの通称プーチン(石垣佑磨)とその舎弟に、
そんな3人は学生時代から変わらずイジメられ続けていて童貞であることをバカにもされていた。
3人はフラストレイションが溜まる一方だったが、
そんな中でクンニは一念発起して童貞に別れを告げるべく犯罪を企てる。
ターゲットになったのは東京の風俗店で働いていた笛子(池田エライザ)で、
“させ子”として有名という地元の噂も決め手になったようだが、
実のところ“一線”は守る純情一途な女だった。

そんな中でクンニは仕事が縁で瓶ビールのラッパ飲みが好きな笛子と交流を持ち始める。
ビーチクはDQNプーチンに強制的な童貞喪失の場を作られる。
カウパーは職場の女の子と親密になる。
だが3人に転機が訪れ、
“武器”使用の予行演習で頓挫していた邪悪な計画が再び鎌首をもたげるのであった。

サブ4?201700403_300_8441_convert_20180127162349

永遠の青春テーマの映画だから色々な作品を思い出す。
『パンツの穴』も頭をよぎり、
特に菊池桃子主演で84年公開の『パンツの穴』映画第一弾の終盤は『チェリーボーイズ』とダブる。

“ポリティカリー・コレクト”に抗う!とまでは言わないが、
過剰な正義と締めつけで息苦しくて破天荒な表現を殺す今の世の中に対して痛快なほど挑戦的な映画だ。
かつて永井豪が『ハレンチ学園』(漫画+テレビ・ドラマ+映画)で掻きまわしたことにも通じるし、
EXPLOITEDの初期の名曲のタイトルがふさわしい「Sex & Violence」なストーリーという点でも、
永井豪の一連の作品にリンクするといっても過言ではない。
破廉恥だの不謹慎だのを腰砕けにする“マイナス・パワー”がトロトロ先走っている。


荒唐無稽にも映る物語だが、
田舎町ならではの“風習”など色々絡めていて都会的な洗練映画とは一線を画すキテレツさだ。
原作がそうだから漫画ちっくになりかねないわけだが、
不自然になるギリギリのところで踏みとどまったリアリズムのストーリーである。

三馬鹿男たちは最初から最後まで温度が低く、
わざとらとしく大げさな演技をするほどの気力がない役柄も奏功した自然体だ。
あちこちで天然の間抜け風味を振りまき、
ユーモアを狙わなくても存在自体が滑稽だから苦笑の連続である。
3人があまりにヘタレすぎてダラダラしかねない作品でもある。

サブ3?201700402_300_8241_convert_20180127162303

そこでまずは池田エライザが映画を引き締めている。
設定的にやや近い映画版『みんな!エスパーだよ!』での演技すら大人しく見えるほどの体当たりぶりに、
“そこまでやるか!?”ってぐらいにビックリした。
「(出演をオファーしても)絶対に出てもらえないと思っていた」という監督の言葉も当然の役で、
本名・釈笛子/通称フェラ子という名前どおりの技を披露するVシネ級のエロシーンに覚悟を感じた。
演技が上手いかどうか知ったこっちゃない彼女の佇まい自体が絵になっている。
本人が言うように「母性全開」でありつつ同じく彼女の本質であろう攻めの姿勢も全開で、
アクション・シーンもなかなかクールだ。

スクラップ工場で生活をする一匹狼バイカーのゴキ役の般若も重要なポジションに立ち、
エクストリームなヴァイオレンスを含むストロングな演技がビシッ!と筋を通す。

先輩後輩上下社会の産物の如き極端なDQNぶりがハンパないプーチン役の石垣佑磨や、
そのエロエロ恋人役の松本メイ、
カウパーのパチンコ屋同僚役の山谷花純もいいアクセントになっている。

サブ2?201700402_TIZ_2822_convert_20180127162217

映画作り自体には直接タッチしてないのだろうが、
今も3日に2本は観るという原作者の漫画家・古泉智浩の映画好きの意思も宿っている。
ほとんどを神奈川の県秦野市で撮ったというロケ地の風景も適度な田舎風味を醸し出している。
音楽で必要以上に盛り上げず、
淡々としたリズムで話が進行しているのもこの映画らしい。


もしかして結局やっぱり感動ものか!?と思わせる展開も見せるが、
やっぱり救いようのない筋金入りの三馬鹿である。

ある意味ナンセンスだし、
意味不明のラスト・シーンが象徴的。
けどこの最後の顔と声、
馬鹿馬鹿しいようで一皮剥けた自信を感じさせる。


★映画『チェリーボーイズ』
2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113分/R15+
2月17日(土)より シネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国ロードショー
配給:アークエンタテインメント
Ⓒ古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン
http://cherryboys.net/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1951-db6422ff

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (253)
JOB/WORK (316)
映画 (286)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (48)
METAL/HARDCORE (51)
PUNK/HARDCORE (443)
EXTREME METAL (136)
UNDERGROUND? (109)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (135)
FEMALE SINGER (44)
POPULAR MUSIC (32)
ROCK (90)
本 (10)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん