FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

WINDHAND/SATAN’S SATYRS『Windhand/Satan’s Satyrs』(スプリットCD)

WINDHAND/SATAN’S SATYRS


米国東部ヴァージニア州出身のドゥーム系バンド同士のスプリット盤。
どちらもWINDHANDのギャレット・モリス(g)が、
各々のバンドの持ち味を尊重しながら録音している。

女性ヴォーカルを擁するWINDHANDは2000年代末結成でコンスタントに活動している4人組。
オリジナル・フル・アルバムとしては3作目の『Grief's Infernal Flower』(2015年)以来の
2曲を提供している。
6分強の1曲目の「Old Evil」はスローな重量級サウンドなのにドライヴ感十分でスウィングし、
相変わらずセンス抜群のスピード感に惚れ惚れする。
2曲目の「Three Sisters」はさらにスローで14分近くじっくり反復する音の中で、
まろやかな女声もたおやかに溶け込んでいく。
終末の抒情が轟いた後の静かなパートのやさしさがまた格別だ。
至福の調べに解放される絶品。

SATAN’S SATYRSも同時期に結成され、
ELECTRIC WIZARDで昨年の『Wizard Bloody Wizard』からベースを弾いている
クレイトン・バージェス(b、vo)が中心になった4人組。
パンクっ気も強い4分弱の猥雑な3曲が収録されている。
硬く堅い音のストーナー・ロックンロールの「Alucard A.D. 2018」と
ノリノリのドゥーム・ロックンロールの「Succubus」では、
ドラキュラや女夢魔が目に浮かぶホラーなムードも醸し出す。
ジミー・リードの「Ain't That Lovin' You, Baby」のカヴァーは、
ブルース・ロックンロールでさらにイケイケだ。
オジー・オズボーンの流れをくむ悪魔的エキセントリック・ヴォーカルもさることながら、
手数の多いドラムも特筆したい。


★WINDHAND/SATAN’S SATYRS『Windhand/Satan’s Satyrs』(RELAPSE RR7392)split CD
イメージ画がプリントされた8ページのブックレット封入の計約31分5曲入り。
掛け帯付き。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1986-0f95e489

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
HEAVY ROCK (269)
JOB/WORK (347)
映画 (324)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (50)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (460)
EXTREME METAL (143)
UNDERGROUND? (133)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (146)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (36)
ROCK (91)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん