FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MEGADETH『Killing Is My Business And Business Is Good The Final Kill』

MEGADETH『Killing Is My Business And Business Is Good The Final Kill』


アルバム・デビュー前にMETALLICAをクビになったデイヴ・ムステイン(vo、g)率いる
LA出身のへヴィ・メタル・バンドが85年にリリースした、
デビュー作『Killing Is My Business... And Business Is Good!』の新装リイシュー盤。
結成35周年記念盤とも言える。

アルバム・タイトルがマイナー・チェンジされ、
アルバム・カヴァーは2002年のリイシュー盤のジャケット画を生々しくアップデート。
曲順とデモ3曲追加も2002年版を基にしつつ、
本作のオリジナル曲の1986~1990年のライヴ(音質まずまず)が本作の曲順で追加された。


新ミックスとリマスタリングでもって音のメリハリ五割り増し。
神経質で気難しく粗削りのギター・リフのソリッド感が際立ち、
インダストリアル・メタルの質感を先駆けたとも言えるメカニカルな金属感がしぶきを上げる。
と同時に高い声域のヴォーカルとグルーヴ感がLED ZEPPELINの流れであることも、
再認識させられる。

METALLICAの「The Four Horsemen」の“原曲”である「Mechanix」をはじめとして、
スリリングな展開を見せつつスラッシュ・メタルの“primal scream”そのもののサウンドだ。
アルバム・タイトルのイメージどおりの歌詞以前に、
ヴォーカルも含めてサウンドがフラストレイションでギラギラとげとげしい。
サウンドの破片から放射されるデイヴ・ムステインの気合と気負いがまぶしく、
ヒリヒリした熱情が混沌の渦を巻いている。

ボーナス・トラックのライヴ・テイクも含めて音が十分に分離された仕上がりである。
これで音質がどーこー言うのなら、
そんなに毒抜きされた音のロックが欲しいか!?って感じである。
角が立った音ってのはこういうもんだ。
タイトルが偽りじゃなく殺気立っている。
METALLICA、SLAYER、ANTHRAXとともにスラッシュ・メタル四天王と呼ばれる中で、
結局一番殺伐としていたのはこの時期のMEGADETHではないか。

2002年のリイシュー盤と同じく今回も本編ラストに入っている
「These Boots」の“新調ヴァージョン”も興味深い。
ナンシー・シナトラの1966年の大ヒット曲「These Boots Are Made For Walkin'」を
“リメイク”するも、
ソングライターのリー・ヘイズルウッドが歌詞等にクレームを付けてきて、
2002年のリイシュー盤では問題部分が“ピー音”で消されていた曲だ。
今回ヘイズルウッドの歌詞を尊重して新たなヴォーカルで録り直されており、
そういう処置もMEGADETHらしい。

というわけで非常にブレの多いバンドだが、
それもまたMEGADETHの、
というかデイヴ・ムステインの人間味に思えてくる必殺盤。


★メガデス『キリング・イズ・マイ・ビジネス-ザ・ファイナル・キル-』(ソニー・ミュージックエンタテインメント SICP-31164)CD[BLU-SPEC CD2]
3面デジパック仕様で10曲のボーナス・トラックを含む約72分18曲入り。
日本盤のみ、
BLU-SPEC CD2で、
歌詞とともに8ページのブックレットに小さな文字で書かれたデイヴ・ムステインと
PANTERAのヴィニー・ポールのコメントの和訳付。


スポンサーサイト

コメント

知的なスラッシュ

MEGADETHが日本で認知され始めたのはサードアルバムくらいからだと思いますが、当時はインテレクチュアル(知的な)・スラッシュとか喧伝され、やたら今までのスラッシュとは違うことを強調されていた気がします。
昨今の若手スラッシュバンドでもこれくらいテクニカルな演奏は朝飯前でしょうが、当時としては衝撃的でした。

私はとにかくデイヴ・ムステインの怒りが満ちている本作(のオリジナル・バージョン)が大好きで、音が悪かろうがこれがMEGADETHのベストだと信じております。
余りに好きすぎて、このニューミックス買うべきか、未だ悩んでおります…

Re: 知的なスラッシュ

TOMMYさん、コメントありがとうございます。
インテレクチュアル・スラッシュと言われていましたね。当時のライヴでは観客がダイヴもしていましたが、基本的にスラッシュ・メタルはアメリカ産ならではのスポーティなノリが多かった中で、カッチリしていたのが目立ったのではないかと。でもこのアルバムはもともとrawですね。その音を研ぎ直した感じです。
今回のはオリジナル・ヴァージョンとは別物と考えた方がいいかもしれません。カヴァーをムステインが歌い直したりして、モダンなアップデート・ヴァージョンということで、中途半端なリミックス/リマスタリング盤とは違って新作に近くて潔いです。

そうなんですよね。アナログで聞くと良くわかりますが、このアルバム音がRAWなんですよね。その荒々しい音が当時のムステインの心象とシンクロしてるんです。

ニューミックス漸く聞きましたが、とにかく音がシャープで驚きました。当然オリジナルとは別モノですが、音の情報量が多くて現代的なミックスですね(当たり前か笑)

推薦文にヴィニー・ポールの名があってちょっとドキッとしました

Re: タイトルなし

TOMMYさん、コメントありがとうございます。
ベタな言い方ですが、アナログな音からデジタルな音に変身!って感じですね。
当時の空気とムステインの気持ち、今の空気とムステインの気持ちがストレートに表れていますね。
ヴィニー・ポールは他界したばかりなのでビックリです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2016-1bbf38e7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (258)
JOB/WORK (320)
映画 (289)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (48)
METAL/HARDCORE (51)
PUNK/HARDCORE (445)
EXTREME METAL (136)
UNDERGROUND? (110)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (137)
FEMALE SINGER (44)
POPULAR MUSIC (33)
ROCK (90)
本 (10)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん