FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

NO FUN AT ALL『Grit』

NO FUN AT ALL


スウェーデンのメロディック・パンク・バンドが約10年ぶりに出した6作目のフル・アルバム。
90年代前半に結成され、
2000年代以降は断続的な活動ながらまた新作が聴けてうれしい。
最近のへヴィ・ローテーションの一枚である。


調子がいいメッセージなんか吐かない(がさりげなく“主張”している)歌詞もひっくるめて、
正直だから大好き。
サウンドもひっくるめてNO FUN AT ALLにはウソがない。
わざとらしいポーズもない。

94年のファースト・フル・アルバム『No Straight Angles』から、
僕の中では快作の次にイマイチのアルバムを出すバンドというイメージもあった。
というわけで10年前の『Low Rider』が快作だったから今回は不安だったが、
杞憂であった。

BAD RELIGIONのスタイルを“本家”以上にアップデートしている。
潔く迷いもないから突き抜けている。
ポップスをソリッドな音でもって速くやっている感じだが、
シングル等の編集盤CD『EP's Going Steady』収録のカヴァーに現れた彼らの“パンク・センス”は
今回もバッチリだ。

盟友MILLENCOLINのマティアス・ファームがプロデュースと録音とミックスを行なっている。
かつてNASUMもSKITSYSTEMもPEEPSHOWSも手掛けた人だけにバランス感が良く、
NO FUN AT ALLの魅力をしっかりレコーディングしている。

正確に言うと唯一のオリジナル・メンバーであるミカエル・ダニエルソン(リズム・ギター)の
曲作りにブレがない。
全曲ツボを突く。
いい感じでヘタレたイングマーのヴォーカルも健在。
リード・ギタリストとベーシストのメンバー・チェンジがあろうが、
バンドの屋台骨のドラマーがレコード・デビュー当時の人というのも大きい。
やっぱりバンドはドラマーで決まるのだ。
とにかく簡単にマネできそうで誰にもできない“NO FUN AT ALL節”に磨きをかけている。
チラリと聴かせるツイン・ギターのハーモニーもバッチリだ。

中核メンバーがオッサンになったバンドならではの円熟テイストも滲みつつ変わらず瑞々しい。
NO FUN AT ALLをずっと聞いてきて良かった。
胸がすく一枚。


★NO FUN AT ALL『Grit』(BIRD ATTACK BAR-049)CD
カードボード状の三つ折り紙ジャケット仕様の約33分12曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2018-69229157

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (260)
JOB/WORK (322)
映画 (291)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (48)
METAL/HARDCORE (51)
PUNK/HARDCORE (446)
EXTREME METAL (138)
UNDERGROUND? (112)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (137)
FEMALE SINGER (45)
POPULAR MUSIC (34)
ROCK (90)
本 (10)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん