fc2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

TURBONEGRO『Rocknroll Machine』

TURBONEGRO『Rocknroll Machine』


80年代末から活動しているノルウェーのパンク・ロックンロール・バンドが、
『Sexual Harassment』から約6年ぶりに出した新作。

曲はリーダーのハッピー・トム(b)、
90年代半ば以降の中核メンバーでプロデュースもしているユーロボーイ(g)、
前作から参加したシルヴェスター(vo)が書いているが、
新加入のキーボード奏者が今回のポイントの一つになっている。

ジャケットからイメージできるスペーシーなオープニングだが、
HAWKWINDというよりはニューウェイヴっぽいキーボードの音だ。
そもそもアルバム全体のアレンジやメロディが
80年代前半のアメリカのメイン・ストリーム・ロック直系である。
曲のサビもあえて当時のUSAのヒット・チャートものみたいに作ったと思えるほどだ。

一方でポップ&キャッチーなのにクセの強いTURBONEGROの肝はもちろん健在だし、
今回AC/DCっぽいリフの曲が多めながら疾走ロックンロールもバッチリである。
これまでの様々な“ロックンロール・ナンバー”のフレーズが
わざと漏らした元ネタみたいにチラリチラリと聞こえてくるのも楽しい。
四つ打ちもやるドラムのリズム・センスもまたまた抜群だ。

キワモノのようでしっかり作られている曲や音だけでなく、
歌をしっかり聴かせるバンドでもある。
英語で綴られている歌詞もわかりやすいようで一筋縄ではいかない。
もちろん生の表現を去勢する“ポリティカリー・コレクト”なんか知ったこっちゃなく、
「On The Rag」ではホモ(fags)もアナル・セックスも歌い込む。
「Skinhead Rock & Roll」なんて曲もやっている。
「Hot For Nietzsche」ではニヒリズムのフリードリヒ・ニーチェ、
「John Carpenter Powder Ballad」では映画監督のジョン・カーペンターを歌ったのだろうか。

ってな流れで意味深なタイトルのラスト・ナンバーである「Special Education」の
“Show me how to walk, Show me how to talk, Show me how to rock, Show me how to fuck,
Special education”
というサビのフレーズがしっくりくるのであった

実はこのアルバムも
最初に聴いた時は“too much 80’s”な音に「あれっ・・・・?」と思ってしまったのだが、
それもアルバム全体のテーマと関係ありそう。
70年代のALICE COOPERやTUBESを思い出すシアトリカルな展開にも持っていかれる。
噛めば噛むほど味が出るように聴けば聴くほど美味しい。
またまた愛聴盤になりそうだ。


★TURBONEGRO『Rocknroll Machine』(SCANDINAVIAN LEATHER No Number)CD
約39分11曲入り。


スポンサーサイト



コメント

TUROBONEGRO HATE THE KIDS

TURBONEGROは以前から好きだったのですが、「70年代のALICE COOPER」とあるのを読んで、とりあえず『LOVE IT TO DEATH』から『BILLION DOLLAR BABIES』まで中古で安く買ってチェックしてみました。
『LOVE IT TO DEATH』にはMELVINSの『Lysol』に入っていた曲の原曲が入っていたりして興味深かったです。
TUBESの名前が出ているので気になっているのですが、まずチェックすべきアルバムをご教示いただけるととてもありがたいです。
そろそろTURBONEGRO、ZEKE、NASHVILLE PUSSYの新作が出ないかと待ち焦がれている所です。

TWISTED SISTERのトリビュートアルバムを聴いてみたのですが、MOTÖRHEADやNASHVILLE PUSSYはまだ分かるとして、V.O.DがTWISTED SISTERが好きだとはなかなか思えないのですが実際はどうなのでしょう。
矢沢永吉のトリビュートアルバムに灰野敬二や三上寛が参加してたみたいな感じなのでしょうか。いや、そのCDは聴いたことはないのですが。

TUROBONEGRO→間違い
TURBONEGROでございます。

TWISTED SISTERは最近ではなぜかGASOLINEもカヴァーしているらしいですね。
GASOLINEは大好きなのですが、たまにニューロティカみたいなコントがある時がすこし苦手です。

Re: TUROBONEGRO HATE THE KIDS

SAKUMAさん、コメントありがとうございます。
70年代のALICE COOPER・・・特にバンドとして活動していた前半は近いものがあるかなと。

TUBESは79年の『Remote Control』です。ニュー・ウェイヴの影響を上手く消化しています。
そのリリース後に初の来日公演が行なわれましたが、僕の外タレ初体験がその時のTUBESです。
2年半前に引っ越した際に、押し入れの奥から当時買ったパンフレットも出てきて懐かしかったです。

TURBONEGRO、ZEKE、NASHVILLE PUSSYの御三家、公序良俗に抵触するロックンロール新作をまた聴きたいですね。

TWISTED SISTERのトリビュートアルバムへのVODの参加、
やはりあの年代のアメリカのハードなロック好きなら、ヒットしたバンドのTWISTED SISTERは好きなんじゃないかと。

矢沢永吉のトリビュートアルバムに灰野敬二や三上寛が参加してたことは知らなかったです・・・そのCDが出ていたこと自体も知らなかったです。
矢沢永吉に対する思いは昔から色々聞いていたので灰野敬二のヴァージョンは想像できるというか、やはり気になりますね。

TWISTED SISTERがGASOLINEもカヴァーですか・・・・それも面白そうです。

返信不要です。

大変失礼しました。
書き方が悪かったようです。
GASOLINEがTWISED SISTERをカヴァーです。

TUBESのアルバム、さっそくチェックしてみます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2022-48a127b6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
HEAVY ROCK (275)
JOB/WORK (453)
映画 (396)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (58)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (512)
EXTREME METAL (152)
UNDERGROUND? (199)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (160)
FEMALE SINGER (51)
POPULAR MUSIC (42)
ROCK (101)
本 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん