FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

INNOCENCE MISSION『Sun On The Square』

INNOCENCE MISSION『Sun On The Square』


ジャケットも担当の女性ヴォーカルを擁して
米国ペンシルヴィニア州拠点に30年近く活動している夫婦中心のアコースティック・バンド、
The INNOCENCE MISSIONによる『Hello I Feel The Same』以来の約3年ぶりの新作。
12作目に数えられそうなアルバムで、
英国では
元COCTEAU TWINSのサイモン・レイモンドのレーベルであるベラ・ユニオンからのリリースである。


女性のヴォイスと二人のミニマルなギターが中心で、
カレン・ペリスとドン・ペリスの夫婦は
各々ピアノ、バンプ・オルガン(≒ハーモニウム)、アコーディオン、そしてドラムも演奏。
曲によって、
結成前からの友人のマイク・ビッツがアップライト・ベース、
ペリス夫婦の二人の子どもがヴィオラとヴァイオリンで参加している。

いわゆるフォーク・スタイルの一種の歌ものの作りながら、
楽器もよく歌っていてヴォーカルとハーモニーを織りなしている。
録音やレコーディングの仕上げもたいへん繊細に行なわれ、
どの曲もシンプルだからこそ雄弁な楽器構成にもかかわらず
オーケストラに聞こえる音像と音空間に目が覚める。
素朴を超えて研ぎ澄まされ、
すべての響きがデリケイトこの上なく息を呑む。
ギターも弦の震えや動きが見えてくるほどだ。

浮世離れしているわけではないが、
浮き世を超えて普遍的である。
巷のポピュラー・ミュージックが流行り歌で世間の動きに一喜一憂して流されるのとは違って、
世の動きに惑わされない。
ポピュラリティの高いメロディ・ラインの楽曲であるにもかかわらず、
世の喧騒に煩わされず動揺することもない。
たいへんソフトなのに揺らぐことがない。
このグループに似合わない言葉をあえて使うと、
こわれもののようで強靭だ。

タイトルからもイメージがふらんでいくから“邦題”とともに本編の曲名を書き出してみる。

「Records From Your Room(きみの部屋からレコードが)」
「Green Bus(みどり色のバス)」
「Look Out From Your Window(窓から外を見て)」
「Shadow Of The Pines(松の木の影)」
「Buildings In Flower(花の中の建物」
「Sun On The Square(広場に日が射す」
「Light Of Winter(冬の光)」
「Star Of Land And Sea(陸と海の星)」
「An Idea Of Canoeing(もしもカヌーに)」
「Galvanic(電光)」

歌詞も木漏れ日がまぶしい。

ヴォーカルもまさに“生”の響きである。
“清涼感”とか“天使の声”とか書くと安っぽくなってしまうほどの生まれたての声。
しかも30年歌ってきてやはり研ぎ澄まされ、
心を静かにころがす歌声だ。

80年代のスザンヌ・ヴェガが甘くなったようなリズムでも歌われるが、
60年代のフォーク/ポップスを思い出す。
正反対の声質ながら歌手デビューの頃の60年代のニコや、
同じく60年代のマリアンヌ・フェイスフルのロック感も滲み出す。
無意識のうちにアシッド・フォークの気配を匂わせつつ、
アコースティック・ポップスとして空間に広がる。
アルバム・タイトル曲は
アストラッド・ジルベルトや60年代のボサノヴァにインスパイアされたとのことだが、
他の曲にもそういうニュアンスが感じられたりもする。
佇んで終わらずに躍動している。

いわゆる米国のインディ・ロックみたいな小ぢんまり感とは一線を画し、
おくゆくかしくダイナミック。
内向きの息苦しさから解放される。
グレイト。


★ジ・イノセンス・ミッション『サン・オン・ザ・スクエア』(Pヴァイン PCD-25742)CD
内側に歌詞が載った三つ折りのインサート/ジャケットがプラケースに封入された仕様。
日本盤は1曲「Mary Wilson」追加の36分12曲入りで、
毎度ていねいな仕事の喜多村純による歌詞の和訳(ボーナス・トラックは除く)と
メンバーの言葉も挟み込んだ無記名ライナ~が読みやすく載った
8ページのブックレットも封入。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2026-b260481d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (258)
JOB/WORK (320)
映画 (289)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (48)
METAL/HARDCORE (51)
PUNK/HARDCORE (445)
EXTREME METAL (136)
UNDERGROUND? (110)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (137)
FEMALE SINGER (44)
POPULAR MUSIC (33)
ROCK (90)
本 (10)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん