なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

球体のポー『Mosaïque』

球体のポー『Mosaïque』


GOLDEN SYRUP LOVERSやソラネコなどで活動してきた木村キリコ(vo、g)が中心になり、
2016年初頭に結成された関西拠点のバンドの2年ぶりのセカンド・アルバム。

木村以外のメンバーは
野村予メ(ds~ソラネコ、ミックスナッツハウス、表現太郎バンド)
水田+夢(b~ラリーパパ&カーネギーママ)、
キタサトシュウ(kbd、シンセサイザー、アコーディオン)。
サブ・メンバーのソニック・ユースケ(g)が過半数に曲で演奏し、
曲によってチェロやピアノやコーラスでゲストが参加している。


音と曲を発酵させながらこってり煮込んだかのように1年以上かけて制作した
濃厚な“ロック・ポップ・ミュージック”である。
歌ものと言えるテクスチャーだが、
爽やかなアレンジにすれば大ヒットJ-POPになりそうなメロディの曲にもかかわらず、
ストレンジなサウンド・メイキングのコテコテの音がヴォーカルを侵食していく。

雑食サイケ感に覆われている。
アルバムで言えば『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』『The Beatles』あたりの
1967~1968年頃のBEATLESもチラリと頭をよぎった。
曲によってはオールド・ロックの狂おしいギター・ソロも炸裂させつつ、
70年代のパンク・ロックや80年代のシューゲイザーも忍び込んでいる。
コーラスも含めてT REX、MOTT THE HOOPLE、SILVERHEAD系の
グラム・ロックンロールの“電飾サウンド”に包まれているのもチャーム・ポイント。
有毒植物が描かれているようなジャケットのイメージそのものの“モザイク・サウンド”だ。

もちろんノスタルジックな作りとは一線を画す。
作詞と作曲も手掛けるリーダー木村は
ISISCONVERGEを聴いてきて最近はMASTODONを愛聴しているリスナーでもあり、
そういうプログレッシヴなへヴィ・ミュージックの進取の感覚も漏れ聞こえてくる。

クセの強い音の中で甘く繊細な歌声が屹立し、
言葉でもストーリーを綴る。
“僕”と“君”の人称をメインに描く普遍的(universal)な視点の歌詞も意味深だ。
曲名だけでもイメージが湧き上がってくるから以下に列記しておく。

「機械仕掛けのデンドロカナリア」「太陽が沈む前に」「気狂いリリィ」「バラとアボガド」
「楽園行きの昇降機」「人体モザイクと8人の賢者」「球体」「生命の樹」「スイッチ!」「光」
「月の代わりに現れたミラーボールそれは神様だった」

洋画の邦題みたいな曲名が象徴するように、
日本語の字幕付きで欧米のちょいキテレツな映画を観ているようなムズムズした居心地が味わえる。
曲間にインタールードみたいな音が挟み込まれて
アルバム全体が一つの流れを成しているポップな力作だ。


★球体のポー『Mosaïque』(COCOON CCN-001)CD
9つ折りの丁寧な作りの歌詞カードが封入された二つ折り紙ジャケット仕様の約58分11曲入り。


スポンサーサイト

コメント

球体のポー。
まったく知らないバンドですが、個人的に大好物な音楽イディオムが目一杯詰まってそうな感を受けたのでめっちゃ興味そそられます。
67~68年頃のビートルズのフレイヴァーもあるってのもパワーワードです。
ポップなメロディをめちゃくちゃラウドに演奏するってスタイルは近年ロックの専売特許ってわけでもなくなってきてて、アニメの主題歌なんかでもノイジーなギターが鳴ってたり凶暴なバックトラックを聴かせるものが珍しくなくなってきてますね
まぁ意匠を凝らしても所謂アニソン、Jポップのコンテクストを突き抜けるものはほとんどなく付け焼き刃的な感じしかしないんで、要は「本気でやってるかどうか」が違いを分けるっていうか、匂いでわかるもんですが。
雑食サイケ味ということなんで、レニー・ケイが編纂したあの "NUGGETS" を聴く時のような脳内麻薬がプチプチ分泌する系の快感もありそうな感触でしょうか?w
とにかく百聞は一聴にしかずです、入手することに決めます。

Re: タイトルなし

Nuggetsさん、コメントありがとうございます。
もちろん音はモダンですが、NuggetsさんのHNのオムニバス盤の雰囲気も感じられます。
モダンと言ってもリーダーがキャリア(やってきたバンドの系統が一様ではないのもポイント)を重ねてきてるバンドなので、やっぱり底が深いです。得体のしれないモノが漂っていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2028-6ecd9b8e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (253)
JOB/WORK (314)
映画 (285)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (48)
METAL/HARDCORE (50)
PUNK/HARDCORE (441)
EXTREME METAL (135)
UNDERGROUND? (108)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (135)
FEMALE SINGER (44)
POPULAR MUSIC (31)
ROCK (90)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん