FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

PALM『TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE』

PALM.jpg


現在欧州ツアー中の大阪拠点のハードコア・バンドが、
フル・アルバムとしては約6年ぶりにリリースしたサード。

録音は、
前作の時にメンバーではなくエンジニアとして関わり、
最近だとSWARRRMの最新作も手掛けているAkira Inada(g他)。
ミックスはテイラーヤング(NAILS他)、
マスタリングはブラッド・ボートライト(元WORLD BURNS TO DEATH他)が務めている。

そういう制作陣の手腕の功績以上にPALM自身の意識とミュージシャンシップにより、
特定の“ムラ社会”に留まらないスケールの大きいダイナミズムにあふれ、
日本のバンド離れした胸のすく仕上がりである。


エクストリーム・メタルと噛み合ったハードコア・パンクだ。
CONVERGE meets 『Chaos A.D.』までのSEPULTURA meets BOLT THROWER
とでも言いたくなるサウンドながら、
スラッシュ・メタルのスタイルはあまり聞こえてこない。
簡潔なソロ・プレイを適度に織り交ぜるデス・メタリックなギターが鈍く光る、
カオティックなハードコア・パンクだ。

メタルの影響も取ってつけた感じではなく溶け込んでいる調子で、
いわゆるビート・ダウン系ともニアミスしつつパンク・ロックのニュアンスの強い音である。
適宜ブラスト・ビートを絡めるバンドの核のドラムはツー・ビートもエイト・ビートもお手のもので、
抜けが良くて小回りの効いたこのビート感がパンク・ロック・テイストを強め、
ガチガチの音作りにならず適度にゆるいテイストを加味している。

アルバム全体の加速度が格別だ。
ツー・ビートのパートが中心であくまでもストレートに迫り、
緩急のテンポを織り交ぜつつ慣性で進みサウンドが止まらないから一気に聴かせる。
一曲一曲しっかり練り上げられた全12曲を36分強に凝縮。
いい意味で長く感じるヴォリューム感のアルバムの構成も言うこと無しだ。
一曲でギター・ソロを弾いたGRIDLINK~元MORTALIZEDのマツバラなどの、
ゲストの参加もいいアクセントである。

いかついシャウト&スクリーム一筋でもヴォーカルはタフ・ガイ系とは一線を画す。
METALLICAの曲名「To Live Is To Die」を思い出すアルバム・タイトル曲をはじめとして、
個人的なモチーフが多そうな“ファック・ユー!”アティテュード全開ながら、
おのれ自身もその対象で歌詞が綴られている。
サビのフレーズの一部以外は日本語とはいえいい意味で日本語に聴こえない。
リズミカルに言葉を放つも、
感情が膨張しているがゆえにヴォーカルがレッド・ゾーン振り切れっぱなしだからだ。


初回限定版には、
2013年のオーストラリア・ツアーの模様を収めた約67分のDVDも付いている。
一緒にライヴをしたバンドのインタヴューも含むが、
英語で話している部分は日本語字幕が表示される。
単なるライヴDVDとは違ってバンドの裏のキャラもうかがえ、
プロフェッショナルな編集の“ロード・ムーヴィー”に仕上がっている。


安っぽい薄手のやつじゃなくて印刷も鮮やかな質感の厚手の二つ折り紙ジャケット仕様で、
日本語部分は縦書きになっていて裏面には英訳が載った四つ折り歌詞カード封入。
ジャケットのデザイン等は、
BL’ASTの『Blood!』も手掛けたSamantha Muljatが担当している。
すみずみまで自分たち自身の表現にこだわった作品だ。


★PALM『TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE』(DELIVER B DVBR-001)CD+DVD
↑のカタログ・ナンバー等は初回限定仕様版で、
CDのみの通常版もリリースしている。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2061-5cf52219

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
HEAVY ROCK (269)
JOB/WORK (348)
映画 (325)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (50)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (460)
EXTREME METAL (143)
UNDERGROUND? (133)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (146)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (36)
ROCK (91)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん