まちゅこけ『怒涛の唄』

0 0
まちゅこけ『怒涛の唄』


大阪の西成を拠点に90年代から活動している女性シンガーソングライター、
まちゅこけの約3年半ぶりの4作目。

PALMの稲田が録音とミックスとマスタリングを担当。
ライヴ音声もブレンドし、
命の息遣いが肌に伝わってくる“生”の仕上がりだ。
ほんとうに唄いたいから唄っている唄を14曲収め、
アルバム・タイトルに偽り無しで65分弱繰り広げる人間ドラマの力作である。


久々に彼女の唄を体感して心の底から打ちのめされた。
ミュージック・マガジン誌でインディ・コーナーを担当していたがゆえに出会った、
10年前のデビュー・アルバム『世界をチャーム』を聴いた時の衝撃を思い出す。


まちゅこけは特別なことをしてない。
穏やかなギター弾き語りのみの曲がほとんどだ。
それでも、いや、だからこそ、まちゅこけの唄とギターは、
潔く、力強く、破格だ。

誰から影響を受けたのか、
どんな音楽を聴いてきたのか、
まったく見えてこない。
英国トラッドっぽいメロディも聞こえてくる。
70年代初頭の女性ヴォーカルのポップな日本のフォークみたいな曲も聴こえてくる。
ブルースの精も漏れてくる。
ところによってヨーデルを思い出す伸びやかな歌い方で、
ところによっては昭和時代の歌謡曲全般が頭の中で呼び戻される。

でもまっすぐなストロング・スタイルの歌唱でもってすべてを突破する。

武者震いがする。
ますます強靭で、
ますます潤い、
ますますさりげなく艶っぽい。
命のヴァイブレイションが躍り震える。
一発でKOするパンチの効いた唄声なのに、
諭すような唄い口で背筋が伸びる。

歌詞は曲によって人称名詞が違う。
“おまえ”という言葉が上から目線で見下してエラソーに聴こえる僕だが、
まちゅこけの“おまえ”は同じ目の高さで向き合って敬意を込めた“御前”だ。
ていねいな言葉遣いで聖歌にすら聴こえる。
意識が内向きじゃなく、
ふだん生活している街の匂いと臭いを吸い込んで研ぎ澄まし、
すべてを包容する無限にでかい唄だ。

「ハングリー」「深海」「W.W.W」「小さな声」「流れ星」「嘘つきはもういない」「真実」「夢を」
「春告げ鳥が鳴く頃に」「僕はふたりいる」「罪の詩」「短い夏」「海になりたい」「どとうのうた」
といったタイトルの曲が真空パックされている。
まちゅこけの唄の世界がイメージできる曲名だ。

いわゆるポジティヴな鼓舞激励の歌が続くが、
まちゅこけの唄には嘘がない。
やさしい言葉で綴られているからこそ、
まちゅこけの唄は底無し沼のように深い。

たとえ日本語わからない人が聴いても、
まちゅこけの蠱惑的な唄声は胸を打つ。
いつも書くように声の響きは正直だ。

もちろんドライに乾いてなんかいない。
じめじめもしてない。
情念なんか突き抜けている。
CD盤面などに彼女自身が描いたイラストにも表れている、
まちゅこけのポップな佇まいが大好きだ。


デリケイトで張りのあるまちゅこけのギターも凛としている。
BIRUSHANAHのISO(尺八)、
殺悪愚やGOOD MORNINGのHIDE(ドラム)、
アカリトパリの戸張岳陽(アコーディオン)とアカリ(三味線と唄)、
橋本洋佑(ウッドベース)、
釜ヶ崎三角公園のみなさん(街のガヤ)、
が数曲に参加してさりげなくアクセントを付けている。


ほんとうに心に響く唄が飢えたまま静かな怒涛になって押し寄せる。
全14曲が終わったあとの余韻がまたとてもすがすがしい。

大スイセン。


★まちゅこけ『怒涛の唄』(クロネコ KURONEKO-002)CD
歌詞が読みやすく載った12ページのブックレット封入。
http://sound.jp/machewqo/menu.htm


ページトップ