FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

坂田明×坪口昌恭×早川岳晴×藤掛正隆『坂田明×トリプルエッジ』

坂田明×トリプルエッジ


坂田(アルト・サックス、クラリネット、ヴォイス)、
坪口昌恭(ピアノ、シンセサイザー)、
早川岳晴(ベース)、
藤掛正隆(ドラムス)
が2017年の8月に東京・阿佐ヶ谷のイエロー・ヴィジョンで行なったプレイを収録。
約50分5曲入りのCDである。


インプロヴィゼイションらしいが、
その場でいわゆる曲として練り上げていったかのようで、
平均時間が約10分とやや長めながら個々のトラックも構成が行き届いた作りだ。

1曲目はサックスがメロディをリードしてミニマルなピアノが静かに追走する
軽妙で品のあるまさにジャズ!で始まるが、
ドカドカうるさいバンカラなドラムとよく動くベースがジャズに留めず、
フリーキーなジャズ・ヴォーカルで坂田が応戦するエキサイティングなナンバーだ。
ジャズに敬意を表しつつ気取ったジャズはアッカンベェ~みたいなノリが楽しい。

この4人が一緒にやってジャズに収まるわけがない。
ヘヴィなベースが導く2曲目のオープニングはドゥーム・ロックが迷宮入りしたみたいだが、
KING CRIMSONちっくな緊迫プレイに転換する中でサックスが甲高い音で滑走。
楽曲としてはエキセントリックなようでどのパートも歌心バッチリだ。

3曲目は、うなり声から始まる“坂田節”全開のアブナイ即興歌唱が核。
ゆとり”と一味違う柄の悪い原始プレイで新種のクラウト・ロックみたいになっている。
4曲目はドラムとベースがファンキー&ダイナミックで、
シンセサイザーがポップに飛んだかと思えばピアノが優雅に走り、
サックスが熱くて景気がイイ。
ラストは楽器をほっぼり出したような坂田が傍若無人に不気味な声を飛ばしつづける中、
他の3人がダイナミックかつデリケイトなジャズ演奏で迎え撃つみたいなパフォーマンスだ。


立体感十分のレコーディング仕上げも申し分なしの一枚。


★坂田明×坪口昌恭×早川岳晴×藤掛正隆『坂田明×トリプルエッジ』(FULLDESIGN FDR-1040)CD
薄手のプラケース仕様。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2155-0e08de3b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
HEAVY ROCK (266)
JOB/WORK (343)
映画 (315)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (49)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (457)
EXTREME METAL (142)
UNDERGROUND? (129)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (144)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (35)
ROCK (91)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん