FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ポーランド映画祭2019

ポーランド映画祭2019


今年もポーランド映画祭の季節がやってまいりました。
今回は11月10日(日)~11月23日(土)に東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールで開催される
(11日と18日は休館)。

監修は第一回目から変わらず僕が今一番好きな映画監督の愉快な重鎮イエジー・スコリモフスキ
8回目を迎えた今年は例年以上に攻めのラインナップが組まれ、
ほとんどの作品がポーランド映画祭初登場で、
全プログラムのうちの3分の1以上が日本初公開だ。

国自体が過酷な歴史の中で生き延びてきただけにポーランドの映画はシリアスなイメージも強い。
けどさりげなくユーモラスな作品も多くてヴァラエティに富み、
敷居は決して高くない。
馴染みが薄いけどポーランド映画に興味はある・・・という方は、
ポーランド映画を代表するアンジェイ・ワイダ監督作『灰とダイヤモンド』(1958年)、
米国アカデミー賞外国語映画賞受賞作『イーダ』(2013年)、
同監督作品で今年日本でも公開された『COLD WAR あの歌、2つの心』(2018年)
がオススメだ。

今年は日本とポーランドの国交樹立100周年ということで両国がつながった4作品も公開。
アンジェイ・ワイダ監督で坂東玉三郎主演の『ナスターシャ』(1994年)や、
ポーランドの映画大学で学んだ石川慶監督で妻夫木聡や満島ひかり出演の『愚行録』(2017年)
も含まれている。

当日券もお値段抑え目だが、
かなりお得な前売券(2回券)2,000円(税込み)を以下の場所で販売しているのこと。
・東京都写真美術館受付(※休館日に注意)。
・有隣堂アトレ恵比寿店
・ディスクユニオンお茶の水JazzTOKYO、新宿ジャズ館、吉祥寺ジャズ館、新宿シネマ館、
ディスクユニオンWEBサイト
・メイジャーネット

既に前売り券在庫切れの店舗もあって今回も静かなる盛り上がりを見せているポーランド映画祭2019、
今年も恵比寿で会いましょう。


★ポーランド映画祭2019
http://www.polandfilmfes.com/


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2201-7d3300a4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
HEAVY ROCK (269)
JOB/WORK (348)
映画 (325)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (50)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (460)
EXTREME METAL (143)
UNDERGROUND? (133)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (146)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (36)
ROCK (91)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん