FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

TOXIC HOLOCAUST『Primal Future:2019』

TOXIC HOLOCAUST primal


米国ポートランド出身の
スラッシュ・メタル/ハードコア・パンク・クロスオーヴァー・プロジェクトによる、
『Chemistry Of Consciousness』以来の6年ぶりの6作目のオリジナル・アルバム。
ライナーを担当させてもらいました。

既に色々書いたからここでは簡潔に紹介する。


もともとジョエル・グラインド(vo、g、b、ds、syn)のソロ・プロジェクトとして始まり、
最初の日本ツアーはABIGAILのメンバーがバックを務めていた。
ここ数年は固定メンバーのバンド形態でレコーディングしていたが、
TOXIC HOLOCAUSTスタートから20周年を迎え、
原点に立ち返ったかのように作詞・作曲、ヴォーカル・演奏を一人でやっている。

ヴォーカルも含めて重ね録りをして仕上げたわけだが、
録音、ミックス、マスタリングも一人でやっている。
完成品のCDで聴くと音のパーカッシヴなアタック感が格別だ。
ヴォーカルもギターもベースもドラムも音が前によく出たバランスも良く、
シリアスなムードの中でアメリカンならではの抜けのいい鮮烈かつ硬質な響きもピッタリ。
ジャケットからイメージできるシャープな近未来感を放つ音作りもたまらない。

ツボを突くフックばっちりのソングライティングが光り、
ミディアム・テンポのパートも絡めつつ加速度が絶えないスラッシュ・チューンの連発。
ギター・ソロも渋い。

40分弱のヴォリュームとは思えぬ聴き応え十分で核が凝縮され、
まさに満を持したクールなオススメ盤だ。


★トキシック・ホロコースト『プライマル・フューチャー:2019』(ビクター・エンタテインメント VICP-65556)CD
歌詞が載った8ページのブックレット封入の約40分10曲入り。
日本盤は歌詞の和訳も読みやすく載ったクールなデザインの8ページのブックレットも封入の
プラケース仕様だ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2203-ac9f3c4b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
HEAVY ROCK (270)
JOB/WORK (352)
映画 (327)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (50)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (462)
EXTREME METAL (145)
UNDERGROUND? (138)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (147)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (37)
ROCK (92)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん