FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

川島誠『枯葉』

川島誠 枯葉


埼玉県を拠点とする1981年生まれの音楽家・川島誠(makoto kawashima)の新作。
Permianで行なったアルト・サックス独演のCD-R作品だが、
奥行きと広がり十分の録音で聴きごたえあり!の濃厚な9分強の1トラック入りだ。

静かに立ち現れるサックスから、
まさに枯葉の調べが解き放たれてくる。
インプロヴィゼイションとのことだが、
イヴ・モンタンで知られる同タイトルのシャンソン・ナンバーを思い出す。

後半、感極まったかのように、むせぶ。
おのれと向き合って奥底から紡ぎ出し、
のびやかで彫りが深く骨太のサックスはソウル、
いや霊魂の震え。
繰り返し耳を傾けて、
心に深く沁みるメロディの純情な“歌”に何度も聞き惚れる。

これから発売になる阿部薫の本に寄稿しているという川島だが、
やはり阿部からの影響は多少なりとも感じられる。
だがデリケイトだからこそ響きがさりげなく男臭い。
そしてSEX PISTOLSも大好きな人だけに、
物悲しい曲だろうが“しでかしてやる!”ってな思いが熱く静かにメラメラと燃えている。

これぞハードコアな表現。
ただひたすらグレイト。

川島誠 枯葉ジャケ

★川島誠『枯葉』(Homosacer HMSD-006)CD-R
読み取り面が真っ黒で表の面がレコード盤のように溝が彫られているCD-R盤使用で、
実際に販売される作品は一番上の画像とは違って手書きでタイトル等が書かれている。
レコードのインナースリーヴを思わせる体裁の↑の画像の厚手の黒紙ジャケット仕様。
https://kanpanelra.wixsite.com/homosacerrecords


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2264-0e8514e3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
HEAVY ROCK (270)
JOB/WORK (360)
映画 (342)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (52)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (468)
EXTREME METAL (145)
UNDERGROUND? (149)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (151)
FEMALE SINGER (49)
POPULAR MUSIC (40)
ROCK (94)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん