FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

DEFTONES『Ohms』

DEFTONES『Ohms』


北カリフォルニア出身のオルタナティヴ系ヘヴィ・ロック・バンド、
DEFTONESの約4年半ぶりの9作目である。

プロデュースと録音とミックスはテリー・デイト。
エンジニア業の初期には
ACCUSEDの『Martha Splatterhead's Maddest Stories Ever Told』(1988年)を手掛け、
その後SOUNDGARDENやPANTERAの作品のグルーヴィな作りでメタルの音を塗り替え、
ここ10年ほどの間にはBRING ME THE HORIZONの『Sempiternal』も担当している。
SLAYERの最終作『Repentless』のプロデュース以降テリーの話をあまり聞かなくなったが、
本格的な仕事は今回のアルバムが久々だろうか。

もちろん『Adrenaline』(1995年)、『Around the Fur』(1997年)、
『White Pony』(2000年)、『Deftones』(2003年)という最初の4作で、
DEFTONESサウンドを方向づけるのに大きな貢献をした人である。
原点回帰とまでは言わないが、
初めてDEFTONESを聴いた瞬間のことが蘇ってくるフレッシュな音像だ。

まさにDEFTONES以外の何ものでもない。
もちろんスロー・パート中心で、
スケール大きいサウンドのダイナミクスに飲み込まれてゆく。

手数の多いベースが曲をリードし、
タイトで抜けのいいドラムがゆっくりと曲を進め、
今回メタリックなリフが目立つギターと多彩なキーボードが曲に表情を付け、
ニュー・ウェイヴの流れをくむ耽美性でコーティングしたグルーヴィなヘヴィ・ロックである。
ところによってアンビエント音楽も溶け込み、
ところによってヒップホップのビート感も組み込み、
伝統的なヘヴィ・メタルの臭みを“昇華”した音のヘヴィ・ミュージックである。
たとえゴリゴリの音やシャウトを使ったとしても、
ある種の“歌もの”に仕上げるヴォーカルとキャッチーなソングライティングも健在だ。
彼らにしては泥臭いラスト・ナンバーもいい味を出している。

DEFTONESにハードコアっ気はないしこのアルバムにも疾走チューンはないが、
ストーナー・ポップとも呼ばれるフロリダのTORCHEを想起した。

ほぼ初期からメジャー・フィールドの活動でそういう音の仕上がりだったとはいえDEFTONESは、、
ISISのリーダーが主宰するHYDRA HEAD Recordsなどが
2000年代以降に世に送り出してきた“ヘヴィ・ロック進化系サウンド”の
先駆けだったんだなとあらためて思わされもする。

貫禄の一枚。


★デフトーンズ『オームス』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-18359)CD
歌詞が載った16ページのブックレット封入の二つ折り紙ジャケット仕様の約47分10曲入り。
『White Pony』をはじめ以前からDEFTONESと仕事をしてきた
フランク・マドックスがアートワークのデザイン等を担当。
日本盤には歌詞の和訳が載った12ページのブックレットも付いている。


スポンサーサイト



コメント

結構わかりやすくセルフオマージュしている曲やパートがあったりしましたけど、そういう部分とこれまであまり見られなかったようなアプローチもしっかり同居していて、色々な意味で聴き応えを感じました。
行川さんは初めて彼らを聴いた時を思い出されたらしいですが、個人的には『Saturday Night Wrist』の雰囲気を真っ先に連想しました。アンビエント的なアプローチが印象に残りやすい作りだからなのかなと思ったりします。

でも結局最終的にはいい意味で変わらない印象を受けましたし、そういうところに、ジャンルは違いますけどSlayerを連想しつつ、このまま彼ら同様いい意味で変わらないでくれたらなと思わされつつ楽しめました。間違いのないバンドですね。

Re: タイトルなし

EGさん、コメントありがとうございます。
伝統的でありながら最新型で微妙に新しいことをやりながら変わってない・・・確かにSLAYERの歩みに通じます。
もう自分たちの確固とした音楽スタイルを確立しているバンドですから大きく変わることはないでしょうし、
自分たちのサウンドの肝がしっかりしているからこそ何を取り込んでも揺らぐことはないのです。
アンビエント・ミュージックのニュアンスも溶け込んでいますね・・・ダブっぽいアプローチも曲によっては感じます。
いわゆる商業性を多少なりとも意識しているでしょうが、
コマーシャルに聴こえず気高いポピュラリティーをキープしているのもさすがですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2306-ca55010b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
HEAVY ROCK (272)
JOB/WORK (372)
映画 (362)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (54)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (483)
EXTREME METAL (146)
UNDERGROUND? (163)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (155)
FEMALE SINGER (49)
POPULAR MUSIC (40)
ROCK (98)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん