fc2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画“ポーランド映画祭2022”

映画“ポーランド映画祭2022”縦


今年もポーランド映画祭の季節がやってまいりました。
今回は11月22日(火)から27日(日)まで東京・東京都写真美術館ホールで開催される。


やはり注目は、
この映画祭を11年前の第一回から監修しているイエジー・スコリモフスキ監督の最新作、
『EO(原題)』(2022年)の日本初公開だろう。
スコリモフスキ監督作品は2015年の前作『イレブン・ミニッツ』も上映される。

<ポーリッシュ・シネマ・ナウ!>と題して、
毎年現在進行形のフレッシュな精鋭作品がポーランド映画祭に送り込まれてきた。
前出の『EO(原題)』以外の今回そのプログラムに挙がった映画は
『パンと塩』(2022年)と『愛についての歌』(2021年)で、
今年も目を覚まさせられそうだ。

また、まさにウクライナ戦争が世界中を揺るがしている今だからこそ、
『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(2019年)も気になってしょうがない映画である。

ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』(2002年)の音楽も担当した
ポーランドのヴォイチェフ・キラルがスコアを手がけた小特集も敢行。
アンジェイ・ワイダ監督の『パン・タデウシュ物語』(1999年)と『コルチャック先生』(1990年)、
フランシス・フォード・コッポラ監督の『ドラキュラ』(1992年)が上映される。
特に『コルチャック先生』は
終盤がCRASSの名曲「Shaved Women」の楽曲や音楽、音声に触発されているとしか思えない映画で、
世界中で戦争や紛争による子どもたちの受難が続く今だからこその作品だ。

そして今年のドキュメンタリー映画は、
『ショパン 暗闇に囚われることなく』(2021年)と『ポルミッション パスポートの秘密』(2020年)である。


僕もどんなに忙しかろうと一日は空けて今年も観に行く。
10年間続けて体験してきた映画祭だけにそれだけの価値があると確信する。

ポーランドものの中でも評価の定まった“古典”に頼らぬラインナップに
関係者の意思と意志もみなぎる映画祭だ。


http://www.polandfilmfes.com/


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2475-2464ceb9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
HEAVY ROCK (275)
JOB/WORK (450)
映画 (396)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (58)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (512)
EXTREME METAL (152)
UNDERGROUND? (199)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (160)
FEMALE SINGER (51)
POPULAR MUSIC (42)
ROCK (101)
本 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん