fc2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

DOTRASH『Dotrash』

DOTRASH.png


PRAMBATHやBOYS ORDERなどで30年近く活動してきているチヒロ・イサドラ(vo、b、syn)と
キャプテンLFO(g、vo)、
初期PRAMBATHのドラムでもあったレイコ・レオパード(ds)による、
関西拠点のバンドのデビューCD。
収録曲は7曲、
でも聴きごたえありありの快作だ。


リリース元のHARDCORE KITCHENのブログ・サイトに載っているインタヴューによれば、
バンド名は造語とのこと。
"DOT×RASH"(水玉だらけ)と"DO×TRASH"(めちゃくちゃになれ!)のWミーニングで、
DOTRASH(ドットラッシュ)になったらしい。
ぴったりである。

実のところ英国のWIREの「Dot Dash」という(1978年のシングルの)曲が大好きで、
そのタイトルをそのままバンド名にするのも気が引けて、
前述のような意味合いでバンド・ネームを決めたという素敵な逸話もある。
ちなみに今回収録したオリジナル曲の「Dotrash Days」は
WIREの「Dot Dash」のアンサー・ソングで、
なるほどWIREっぽいミニマルな反復がポイントの最高の曲だ。

他の曲もクオリティが高く、
アレンジも見事と言うほかない。
パンク・ロックといえばパンク・ロックかもしれないが、
とにかく深い。
ハードコア・パンクのスピード感のパートにもヤられる。


メンバーの音楽趣味は幅広い。
前述のインタヴューの“勝手気ままな私のベスト3”というコーナーで、
キャプテンLFOはVELVET UNDERGROUNDの『The Velvet Underground』
FUGAZIの『Repeater + 3 songs』とCREEDENCE CLEARWATER REVIVALの『The Concert』、
レイコはFLAMING LIPSの『Yoshimi Battles The Pink Robot』と
SLAYERの『South Of Heaven』とKISSの『Unmasked』、
チヒロはDUGITESの『The Dugites』とFM KNIVESの『Useless & Modern』と
DONOVANの『Donovan’s Greatest Hits』
を選んでいる。

そのまま影響が表れているとは言わないが、
今回のCDを聴くと、
妙に納得できるセレクションである。


全編ポップなのに一つ一つの出音の鳴りが恐ろしく強靭なことにもビックリ。
やっぱり長いキャリアの為せるわざと言い切れるクールなCDだ。
英語が大半ながら曲によっては歌詞に日本語を絡めているヴォーカルもパンチが効き、
声のリズムがバッチリの存在感で迫るのであった。

大スイセン。


★DOTRASH『Dotrash』(HARDCORE KITCHEN HCK-053)CD
歌詞が載ったカラフルな8ページのブックレット封入の約19分7曲入り。


スポンサーサイト



コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。レビューされているバンド、ミュージシャンの幅広さにいつも驚かされています。音楽評論されいるだけあって、知識量が半端ではないなと。
ところで、質問なのですがよろしいですか?die spitzというバンドをご存じですか?新しめのパンクバンドの様なのですが,検索しても海外のサイトしかヒットしないのです。もし機会があれば、取り上げていただくことは可能でしょうか。
唐突にこのようなことを申し上げていいのか通ったのですが、日本でとりあげているサイトがなかったようなので…。

Re: タイトルなし

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
恐縮です。
die spitz、バンド名も知らないですが、ヴィジュアルからしてそそられますね。
何かしでかしそうな雰囲気ですし。
バンド名も覚えやすいので、ちょっと調べてみます。
情報ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2491-bca636ba

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
HEAVY ROCK (275)
JOB/WORK (447)
映画 (396)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (58)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (511)
EXTREME METAL (152)
UNDERGROUND? (199)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (159)
FEMALE SINGER (51)
POPULAR MUSIC (42)
ROCK (101)
本 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん