fc2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MNHRS『MNHRS』

MNHRS.jpg


INCAPACITANTS非常階段のT.美川(electronics)、
doubtmusicの沼田順(guitar, electronics)、
Theの付かないSTALINの前期や町田町蔵+北澤組OVERHANG PARTYなどで活動してきた西村雄介 (bass)、
元ZENI GEVA他の藤掛正隆(drums)による“ユニット”のCD。
今年5月に東京都の下町の台東区なってるハウスで行なったライヴが約50分5曲収められている。

左右から熾烈ノイズが発射されて中央ではロックなドラム&ベースが炸裂し、
けっこうヘヴィ・ロックなサウンドだ。
ところによってはハードな演奏の時の不失者も思い出すが、
タイトな怪力ドラムとグル―ヴィ・ベースの影響でファンキーなリズムだからもっとわかりやすく、
疾走するパートも多くて取っつきやすい。
ギターとドラムの演奏も含めてNULL在籍時のYBO2も思い起こす。

シンプルなリズムのベースとドラムとの共演が珍しい人だけに、
爆音というよりバランス取れたエレクトロニクスでヘヴィ・ロックを演出したような美川のプレイも
新鮮で聴きどころだ。


★MNHRS『MNHRS』(doubtmusic/Fulldesign FDRdmf-001)CD
三つ折りペーパー・スリーヴ仕様。
↑の画像は全体のバランスが多少おかしくてキズありに見えますが、実物のデザインに近いです。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/2538-a0555865

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
HEAVY ROCK (275)
JOB/WORK (450)
映画 (396)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (58)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (512)
EXTREME METAL (152)
UNDERGROUND? (199)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (160)
FEMALE SINGER (51)
POPULAR MUSIC (42)
ROCK (101)
本 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん