なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

The EYES OF A TRAITOR『Brethless』

TEOAT_B_jk_convert_20100721110328.jpg


2006年にロンドンの北東ハートフォードシャーで結成された、
5人組のメタルコア・バンドが1年ぶりにリリースしたセカンド・アルバム。

この日本盤発売元のレーベルが付けるキャッチ・コピーはいつも大仰かつ的確で楽しみにしているが、
今回も“死に絶えつつあるメタルコア・シーンに変革をもたらす新時代の旗手”と帯に書かれていて、
またまた納得させられた。
もうこういう系統のサウンドのバンドそこそこ聴いてきたから、
よほどのものじゃないと反応しなくなっているが、
これは痛快な一撃である。


内外の色んな音楽シーンに首を突っ込むと、
せせこましいヤツとも向き合わざるを得ない。
そんなモノと出くわすたびに、
こういう元気のいい現代的なメタルコアを無性に聴きたくなる。
ロックを聴き始めた頃の原点を思い起こさせてくれるのだ。

音楽的に優れているかどうかなんて知ったこっちゃない。
そもそもロックの醍醐味はリアル・タイムのバンドのダイナミックでハードな音のアタック感だし、
ロックは肉体に訴えかけてきてナンボだから。
まず理屈抜きで聴いている瞬間にイケる。

二十歳前後と思われるメンバーならではの無鉄砲な展開が爽快だ。
MISERY SIGNALSやCHILDREN OF BODOMからの影響も口にしているバンドで、
フックのある曲作りやツイン・ギターのソロがそうかもしれない。
かと思えばデスコアの獰猛さも内包し、
リズムのズラシも応用したカオティックな展開や四つ打ちリズムも忍ばせたりもする。
リフもカッコいいし、
アメリカ産によくある単細胞な曲作りとは一線を画しつつ頭デッカチに陥っていない。
甘ったれた卑屈と内向き思考を殲滅する生々しくて開かれたサウンドは、
知識で肥えず心にも筋肉がついているから強靭なのだ。


結局意識は音に滲み出る。
パンク・ロックやハードコア・パンクなどと同じく、
ぼくはやっぱりサウンドの“底意地”に耳を傾けるから。
若いが妙にカッコつけた意気がりポーズはなくてストレート。
だから音が正直だ。

いい意味で歌唱も咆哮も不揃いなヴォーカルはヒリヒリビリビリした喉を震わせる。
はらわたから声を出している剥き出しの響き。
“青臭い”歌詞も良し。


★ジ・アイズ・オブ・ア・トレイター『ブレスレス』(Doom Patrol Foundation DOOM-0025)CD
日本盤は簡潔なバイオグラフィーと歌詞の和訳付。


スポンサーサイト

コメント

>もうこういう系統のサウンドのバンドそこそこ聴いてきたから、


大して聴いてないくせに。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/265-8505a7a5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん