なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MEATMEN『Cover The Earth』

MEAT.jpg



80年代初頭からパンク/ハードコア・シーンの鬼っ子として活動していたMEATMEN。
米国ミシガン州の怪人テスコ・ヴィーが率いるバンドで、メンバー・チェンジが激しかった。
MINOR THREATとDAG NASTYの間の時期にブライアン・ベイカーも在籍していたが、
BAD RELIGIONのギタリストとして来日した際に「オレはメンバーだったわけではないよ」と言っていた。
というわけでテスコ・ヴィーのプロジェクト・バンドと言っても良さそうである。
96年に崩壊したが、
数年前に復活してリリースした13年ぶりのアルバムが『Cover The Earth』。
裏ジャケットにバー・コードも入っているとはいえ、
連絡先等のクレジットから察するに自主リリースと思われる。

といっても純粋な新作ではなく、23組の24曲をカヴァーしたCDである。
といっても、やはり選曲がタダモノじゃない。
一部例外はあるが、あちこちから“辺境ロックンロール・ナンバー”を集めている。


ジェリー・リー・ルイスの「Meatman」から始まり、
次が70年代後半のLAパンク・バンドだったBlack Randy & The METROSQUADの曲を2連発。
パンク・ロック系だとテスコ・ヴィーと趣味が合いそうなGG アリン、
SEX PISTOLSの最初のデモのプロデューサーとしても知られるクリス・スペディング、
ジョニー・サンダースというかHEARTBREAKERSの「One Track Mind」。
またレミーが書いてない極初期の曲「Vibrator」をセレクトしたMOTORHEAD、
その作曲者のラリー・ウォリスが在籍していたPINK FAIRIES(TANKもカヴァーした「The Snake」)、
あとTHIN LIZZYやBLUE OYSTER CULT、SAXONといったヘヴィ系もヤっている。

元13TH FLOOR ELEVATORSのロッキー・エリクソン、
パンク・サイケデリックなFUGS、
モータウンのTEMPTATIONSも同次元でヤっている。
FEARとBLACK MARKET BABYという“同期の盟友たち”の曲の間に、
英国のポップな偏執狂ロック・グループ10CCの「Worst Band In The World」をヤるセンスもさすが。
特別な思い入れがありそうなABBAの「So Long」も終盤に登場するのであった。


メジャーもマイナーも関係ない渋く変態なセレクションである。
有名なバンドでも埋もれた名曲を選んでいる。
マニアックな線を狙ったというよりは、たまたま好きな曲がそうなのだろう。
やっぱりリスナーとして色々聴いているミュージシャンが好きだ。
それって聴くという行為にしても覚悟を決めているということだから。

インタヴューの際にバンドやミュージシャンの固有名詞をたくさん挙げてくれる人はうれしい。
どういう音楽を聴いて吸収してきたかがわかって話していても楽しいのだ。
特に意外性があるバンド名などがどんどん出てくるとエキサイティングである。
パンクである前に音楽をほんとうに好きであってほしいから。

誠意を込めて解体したカヴァーも好きだが、単なるウケ狙いで崩したカヴァーは嫌いだ。
『Cover The Earth』は比較的原曲に忠実なアレンジになっている。
タイトなバックの音に乗って、
酒と淫水で焼けたような喉でしっかりと歌い倒している。
必ずしも極悪一直線というわけではなく、優しくて哀しいヴォーカルも聴かせる。
いい意味で千両役者だし、
何より音楽への愛にあふれている。

地球にぶっかけしたジャケットをはじめとして、
漫画ちっくに中指をオッ立てるセンスのアートワークも健在なのだ。


●The MEATMEN『Cover The Earth』(No Label, No Number)CD




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/29-a283484d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (295)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん