なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

DEATHRATS『Deathrats』

deathrats cover


女性ヴォーカルを擁したワシントンDCのハードコア・パンク・バンド。
2009年録音の6曲入りのデビュー7”EPが、
迅速な対応がうれしい米国のTO LIVE A LIE Recordsから再発された。

全曲走りまくりのファスト・ナンバーで、
まさに勢いで押しまくりで圧倒されたまま6曲が終わっているレコード。
“何々スタイル”とか分析できないのを承知の上で書くと、
“初期COMES meets TRAGEDY meets 初期AGNOSTIC FRONT”とも言いたくなる。
余裕のなさがまさにハードコアだ。

つんのめりまくって蒼く汗がほとばしるヴォーカルが歌うは、
目が覚めるほどの“ファック・オフ!”アティテュード。
シンプルな言葉で綴った言葉が刺激的だ。
特に「Girl Style」という曲が興味深く、
歌詞で引用したキャスリーン・ハンナ(BIKINI KILLのシンガーのことだろう)を仰ぐような、
90年代のいわゆる“riot grrrl”ムーヴメントのフォロワーに対する複雑な思いが見え隠れしている。
BIKINI KILLと同じく女性男性混成バンドだが、
DEATHRATSも様式とかのうわべではなく内面の影響を自分なりに消化して打ち出す気概に満ちている。

無くなる前にゲットすべし。


DEATHRATS『Deathrats』(TO LIVE A LIE TLAL-25)7”EP


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/347-c578c309

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (295)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん