なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

GREYMACHINE『Disconnected』 リリース

DYMC-095_20090723213930.jpg

ジャスティン・K・ブロードリック(元GODFLESH他/現JESU他)が、
アーロン・ターナー(ISIS他)らと組んだプロジェクト・バンドのGREYMACHINE、
遂にファースト・アルバム『Disconnected』をリリース。
日本盤のライナーを書かせてもらいました。

6月22日のブログで書いたこと付け加えると、
90年代初頭の“裏EARACHEレコード・サウンド”の現在進行形みたいな“耳痛アルバム”である。
眼前で鳴っているみたいな音の仕上がりもさすがこのメンツでのレコーディングだ。
ジャスティンとアーロンが組んだ“灰色アートワーク”も、昔のニュース映画風の荒れた画で素晴らしい。
むろんブックレット(+帯)の紙質も色々と凝っていて大切にしたくなる。
日本盤は今春リリースした12”シングルのB面の曲(約8分半)を追加。
本編にも収録されている曲だが、完全に別ヴァージョンで、
アーロンの声と思しき怒号もたっぷりフィーチャーされているから要注意だ。

“首謀者”のジャスティンはNAPALM DEATHのデビュー盤『Scum』からずっと追ってきている人だけに、
十代~二十代の“原点”を以降の活動を踏まえてさらけ出してくれるのは個人的にもほんとうにうれしい。


●グレイマシーン『ディスコネクテッド』(デイメア・レコーディングス DYMC-095)CD
約71分9曲入り。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/35-75092c18

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん