なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

CULO『Toxic Vision』

CULO.jpg


米国イリノイ州のハードコア・パンク・バンドが2枚のEPに続いて出した4曲入り。
ネガティヴな思いを強引にハードコア特有のニヒリスティックな肯定的エナジーへと昇華した一枚である。

どこに飛んでいくかわからない曲にはブラス・ビートみたいなリズムも絡め、
最後はミッド・テンポで終わる。
『Damaged』までのBLACK FLAGが“初期SSD meets SIEGE”な突進力で加速したみたいだし、
EXPLOITEDや初期のDAMNEDとRAMONESのパンク・フレーズも込みで
つんのめっていく。
やさぐれた爆裂音が雪崩を打って痺れる。
この作品もまた皮膚に音が刺さるレコーディング状態が最高。
ハードコア云々以前にナマの音楽として理想的だ。

ふてぶてしいヴォーカルは割れるような声で矢継ぎ早に吐き出す。
シンプルな“ファック・オフ!”アティテュードの歌詞は単純明快な悪口だけではなく、
四方八方からヤられて空洞になった脳ミソの爆発。

鋲を打ったレザー・ジャケットでこういう音楽を飛ばしているスタイルもクールだ。


★CULO『Toxic Vision』(DERANGED DY85)7”EP


スポンサーサイト

コメント

あのジャケはヤバイ

凄い聴いてみたいっす!!ジャケがもう買えって言ってますよ!!
行川さんは何枚保有してますか??一番気になってた事です(笑)

ITOさん、書き込みありがとうございます。
わからないですね。数えたら何日もかかりそうなぐらいで、きちんと整理しようとしたら1週間はかかりそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/389-da4f8857

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん