なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

INDIAN『Guiltless』

INDIAN_convert_20110424120051.jpg


シカゴのドゥーム・ロック系バンドによる約3年ぶりのサード・アルバム。

“90年代初頭までのMELVINSと2000年代のNEUROSISの間に挟まれた
ELECTRIC WIZARDとKHANATEとTORCHE
といったようなバランス感覚のヘヴィ・チューンでゆっくりと疾走する。
邪悪な“無限反復地獄”にズブスブ沈み込むというよりは、
アメリカ産ならではの胆力たんまりの激音をぶんまわしなから上り詰めていくのだ。

共同プロデューサーであり録音とミックスも手がけた
サンフォード・パーカー(BURIED AT SEA、MINSK、TWILIGHT他)とのレコーディングならではの、
プログレッシヴな音像でたゆたう。
そこにブラック・メタル系のハードコア・スクリームがタメの効いたリズムで容赦なく叩きつけられる。
“煙”の中でくすぶっている余裕はないとばかりに突き抜けていくが、
後期ISISも思わせる叙情性が全編そこはかとなく漂ってリリカルなインスト・ナンバーも披露。
ノイズ・コントロールされた端正な音作りをはじめとして、
ヘヴィ・ミュージック進化形の一つとしても楽しめるアルバムだ。


★インディアン『ギルトレス』(リラプス・ジャパン YSCY-1209)CD
トータル約50分8曲入りの日本盤は、
2005年発表のファースト『The Unquiet Sky』の曲を倍の長さでリメイクした「Worship Of Sores」を追加。


スポンサーサイト

コメント

こん●●は

私が一番信頼しているライターの山崎さんがずいぶん前に紹介していたので興味を持ちました。
行川さんも聴かれたんですね。
インタビューはするのでしょうか?

KENさん、書き込みありがとうございます。
インタヴューはないです。やっぱり基本的に昔も今もインタヴューはパンク系か国内のアーティストが多いです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/431-daa7e338

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん