なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

RED FANG『Murder The Mountain』

RED FANG


米国オレゴン州ポートランドのヘヴィ・ロック・バンドの約2年ぶりのセカンド・アルバム。
熱い人間汁あふれる様々な“ロック”への愛がこもった快盤である。

90年代のMELVINS、スコット・ワイノ・リックSWORDHIGH ON FIREBARONESS
さらにパンク/ハードコアのBLACK FLAGやサザン・メタルのMOLLY HATCHETなどの流れを、
地に足の着いた豪胆なサウンドで展開する気持ちのイイ作品だ。
種々雑多なアウトローの米国産ヘヴィ・ロックのアマルガムみたいなのである。
ギタリストの一人とベーシストが歌い、
渋い喉を震わせるヴォーカル中心で曲によってHIGH ON FIREのマット・パイク風のワイルドな歌唱だが、
力まかせの発声とは一線を画してどちらも味わい深い歌心が染みてくる。

今年頭に出した最新アルバム『The King Is Dead』が全米初登場1位に輝いた
DECEMBERISTSのクリス・ファンクのプロデュース。
ポートランドつながりとはいえ驚きの関係性がうれしい。
地味に細部で凝った音作りを施しつつ、
さらにWHITE STRIPESやDEAD WEATHERも手掛けたヴァンス・パウウェルのミックスも手伝い、
いい意味でのメジャー感のあるスケールのでかいアルバムに仕上がっている。

日本盤はNO TALENTの「Through」と、
地元の伝説的なパンク・バンドであるWIPERSの「Over The Edge」のカヴァーも聴ける。
特に後者は原曲のメロディ・ラインを生かしたヘヴィな疾走感がカッコいいし、
オリジナル曲もパンク・ロックの芯が貫いているのであった。
今のいわゆるPDXパンク・シーンとの交流は定かではないが、
CD盤面に“MUSIC MADE IN PORTLAND, OR U.S.A.”とクレジットされているように、
ポートランドのバンドということに特別な思いを持っているようである。

即効性はないかもしれないが、
旨い焼酎みたいにホントじわじわ味が効いてくるスルメ盤だ。


★レッド・ファング『マーダー・ザ・マウンテン』(リラプス・ジャパン YSCY-1210)CD
真ん中くり貫き特殊ジャケットの8ページのブックレット付。
日本盤は3曲のボーナス・トラックを含む約52分13曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/433-6a5567f3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (95)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん