なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

GHOST『Opus Eponymous』

Ghost_-_Opus_Eponymous_artwork_convert_20110510111603.jpg


スウェーデン出身とされバンドのGHOSTのファースト・アルバム。
英国ではリー・ドリアン(CATHEDRAL)のレーベルのRISE ABOVE Recordsから昨秋リリースされている。
馬頭将器が率いる日本産で世界中ツアーしているサイケデリック・バンドのGHOSTとは関係ない。

謎のバンドである。
メンバーの発言を豊富に引用した奥野高久執筆のライナーによれば6人編成らしい。

曲によっては淡いキーボードやコーラスもアクセントになっているが、
GHOSTと交流があるDARKTHRONEも思い出すセンスのパワフルなドラムも目立つ。
ブリティッシュ・“ヘヴィ・ロック”からの影響が感じられ、
BLACK SABBATH、DEEP PURPLE、CATHEDRAL、
あと叙情的な曲のときのKING CRIMSONの匂いが漂う。
ほのかにサイケデリックなのもポイントで、
GHOSTは男性ヴォーカルだが、
曲によってはJEFFERSON AIRPLANEがヘヴィになったようにも聴こえる。
メロディアスなのだ。

スウェーデンということで彼らによればリスナーとしてABBAは外せないというが、
なるほど味わい深いポップ・フィーリングが滲み出ている。
日本盤に追加されたBEATLESの「Here Comes The Sun」のカヴァーもクールな仕上がりだ。
とはいえ、あくまでもすべて粗削りの作りの“リフ・ロック”。
怪しく妖しい。

甘くクールに突き放す調子で歌うヴォーカルが綴る詞からも
オカルト儀式みたいな趣味が漂っている。
音楽と同じく絶望の淵とかいうものではなく、
ゆるい終末観に覆われている。
これがまたクセになるのであった。

本編の最初と最後はインスト・ナンバーを配し、
ダークなロマンあふれる佳作である。


★ゴースト『オーパス・エポニモウス』(トゥルーパー・エンタテインメント XNTE-00035)CD
日本盤は歌詞の和訳が付き、
ボーナス・トラック1曲追加の10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/440-7f356c22

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん