なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

RUPTURE/OPPOSITION PARTY

RUPTURE OP


ANAL CUNTに勝るとも劣らぬ思想性も人気だったオーストラリアのRUPTUREと、
シンガポールの老舗OPPOSITION PARTYとのパンク・スプリット7”EP。

RUPTUREは2001年9月のラスト・ギグのライヴ・テイクを3曲収録。
今回入っているのはファストコアではなくファニーなハードコア・パンク・ロック・ナンバーだが、
彼らにしかできない粉と煙と錠剤がイイ塩梅でブレンドされたサウンド全開で、
気持ちイイ頭痛がしてくる。
ゆるさといい汚さといいパーティ・ステージで有終の美を飾ったことが想像できる内容だ。

和訳すると“野党”になるバンド名のOPPOSITION PARTYは
クレジット上では5曲を提供したことになっている(が3曲入りに聴こえる)。
活動歴が長いだけに彼らも音楽的な変化が激しいが、
今回は86~88年の曲を昔のテイクと同じように伝統的な方法で2004年に“再醸造”したものらしい。
中南米テイストも混じった若干空振り気味の必死なファスト・コア・チューンで痛快なのであった。


★RUPTURE/OPPOSITION PARTY『RUPTURE vs OPPOSITION PARTY』(HATE APE HAR007)Split EP
ジャケット内側のメンバー写真も酔い酔いで楽しい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/449-cf907d5b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん