なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

BLACK DAHLIA MURDER『Ritual』

HWCY-1294_convert_20110707115204.jpg


米国北西部デトロイトのエクストリーム・メタル・バンドが『Deflorate』に続いて出した約2年ぶりの5作目。
これが米国ビルボードの総合アルバム・チャートの31位にランク・インしたというのもすごいことだが、
それぐらい“部外者”にもアピールするパワーを放出するアルバムである。
デトロイトはMC5やSTOOGESやNEGATIVE APPROACHだけではないのだ。
TRIVIUMやALL THAT REMAINSなどを手がけてこの系統の音を得意とする、
マーク・ルイスやジェイソン・シューコフが前作に引き続きバンド自身とプロデュースに携わっている。

しいて言えばメロディック・デス・メタルということになるのだろうが、
その系統のスウェーデンのバンドより荒っぽくメタルコアとも言えるハードコア濃度の高さで、
大半のパートが速くてアバウトで強引な展開がアメリカンである。
メロディアスに飛ばすパートがアクセントになっているとはいえ、
そこにブラスト・ビートを突っ込むセンスが絶妙で暴虐のデス・メタル・バートが多いのも特徴だし、
そこにツイン・ギターが中期CARCASSばりのソロ演奏を豪胆に差し込む。
歌詞もデス・メタル濃度が高く、
デス・ヴォイスとブラック・メタル・ヴォイスが入れ替わり立ち代わり突っ込んでいく。

TheBlackDahliaMurder_convert_20110707121016.jpg

2000年代に活動を始めたデス・メタル第三世代新世代ならではのヴィジュアルも、
メタル・ハードコアを通過した彼らならでは。
ただしメロディック・デス・メタルというと甘口なイメージも強いが、
慈悲を与えずに心根が真性デス・メタル。
と同時に真剣になればなるほどいい意味で漫画ちっくになるのも彼らならではだ。

これまでのアルバムがトータル・タイム30分台だったのに対し、
今回は45分強。
聴き応え十分である。


★ザ・ブラック・ダリア・マーダー『リチュアル』(ハウリング・ブル HWCY-1294)CD
24ページのオリジナル・ブックレット付。
言葉数が非常に多いバンドだから歌詞の和訳付なのもありがたい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/488-ab05ef00

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん