なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

CAST IN IRON『I-X』

CAST IN IRON


GOVERNMENT FLUらのメンバーを擁したポーランドの4人組のデビュー・アルバム。
強力なヘヴィ・カオティック・ハードコア・パンクを轟かせる期待のバンドだ。

心の師匠のBORN AGAINSTの影響をCONVERGEが強めて、
ENTOMBEDとCURSEDのエキスを加えたかのようで、
さらに初期NEUROSISとCHURCH OF MISERYのグルーミー&ドゥーミーなエッセンスも短い曲の中に内包。
ほとんどの曲が速い一方で必ずしも激しい展開をするわけではないが、
荒涼としたカオスを呼び込んでいる
静かなパートやスロー・パートも曲の自然な流れの中で織り込み、
意識の流れを描き出している。

ヴォーカルも芝居がかってなくて恫喝系でもない。
生々しくエモ度もゼロでヒリヒリしたハードコア・スタイル。
歌詞は英語。
全10曲の曲名はアルバム・タイトルどおりに「Ⅰ」から「X」まで記号的に付けられているだけだ。
音楽と共振して心の葛藤を描いているかのようで、
BLACK FLAGをカオティック・ハードコア以降の感覚で解釈したみたいなのだ。

全10曲でトータル・タイム約19分だが、
いい意味で長く感じる濃密な一枚。
こういう音がポーランドの老舗ポリティカル・レーベルから出たのも興味深い。


★CAST IN IRON『I-X』(NIKT NIC NIE WIE NNNW 166)CD
デジパック仕様。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/505-1356abd6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん