なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

OATHBREAKER『Maelstrom』

oathbreaker.jpg


女性ヴォーカルを擁したベルギーのダークなハードコア・パンク・バンド。
2008年に5曲EPを発表しているが、
これがファースト・フル・アルバムと言える。
リリース元はCONVERGEのヴォーカルであるジェイクのレーベルで、
ミックスはそのギタリストであるカート・バルーが行なっている。

HIS HERO IS GONE、CURSED、CATHARSISが、
楽曲的に若干メタリックな要素が混入してブレンドしたようなサウンドだ。
憂いが熱となって放射されるヨーロピアン叙情テイストも特徴で、
ENTOMBEDやBOLT THROWER的な“デス感覚”のうねりを注入したかのごとき、
ヘヴィかつドラマチックな展開にヤられる。
ドゥーミーなパートを挿入しつつもスピード感は慣性のまま絶えず、
ヘヴィ・リフ主導の6分強の長さの曲もスロー~ミディアム・テンポでじっくりと押し、
ラストはアコースティックな音に導かれてトラッド風に歌われるディープな曲だ。
この流れにもタダモノじゃないセンスを感じる。

小回りの効いたドラムや適度に入るギター・ソロなどの演奏力も力任せに終わらぬ味がある。
そして強烈なスクリームとはいえデス・ヴォイス系とは一線を画し、
女性とわかる声のヴォーカルが徹底抗戦。
最近聴いたレコードだとGOUMも想起した。
おのれに対峙し、
ひるむことなく何かに立ち向かう喉が本気の震えで激情を叩きつける。

今後も楽しみな痺れる一枚。


★OATHBREAKER『Maelstrom』(DEATHWISH DW122)CD
約31分9曲入り。
なお、ぼくが買ったCDの二つ折り紙ジャケットは↑の画像と多少デザインが違っていた。


スポンサーサイト

コメント

是非チェックして共感してみます♪♪

ITOさん、書きこみありがとうございます。
ここ数年の“カート・バルー・ハードコア・サウンド”の流れのアルバムになっていますが、良作です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/537-894853ab

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん