なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ZECHS MARQUISE『Getting Paid』

SKMN-011.jpg


米国のMARS VOLTAのキーボード/パーカッション奏者で、
そのリーダーである実兄オマー・ロドリゲス・ロペスのソロ・アルバムにも参加し続けている、
マルセル・ロドリゲス・ロペスが率いるバンド。
弟のマルフレッド・ロドリゲス・ロペス(b)も含む4人組で、
マルセルがプロデュースしたこの新作はセカンド・フル・アルバムと言える。

ドラムス、キーボード、ベース、ギター2本を基本編成とし、
マルセルらがパーカッションやシーケンサーの音を適宜加えている。
彼がMARS VOLTAに加入した2003年に結成されたそうで音楽的に通じるところもあるが、
本作同様にマルセルがドラムを叩くマーズのソロのバンド編成のアルバムの方に近い。
ただしもっとシンプルでほとんどがインスト・パートだから楽器がよく歌っている。

リズミカルなサウンドで70年代のジャーマン・ロックも応用し、
サーフ・ロックとメロディック・スピード・メタルの融合みたいなスリリングな疾走を見せたかと思えば、
ダブとファンクがブレンドしたサイケデリックにも走る。
むろん、つぎはぎミクスチャー感ゼロ。
ラテン・ムードのコズミックなヘヴィ・プログレとも言いたいロックだ。
メタルじゃないとはいえロマンあふれる楽曲が、
BARONESSの流れをくむ米国のヘヴィ・ロック勢とも共振してもいる。

ジャケットからイメージできるポップな"秘境探検映画"のアルバムだ。


★ゼクス・マーキス『ゲッティング・ペイド』(スリープウェル SKMN-011)CD
デジパック仕様。
日本盤はディーントニ・パークス(MARS VOLTA)による本編の曲のリミックスを追加した、
約54分10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

これまた興味をそそるバンドですね。

ところでこのバンド名ってもしかしてガンダムのキャラが由来だったりするんですかね…
多分違うとは思うんですがそこも気になりました。

eristさん、書き込みありがとうございます。
ちょっと調べたら、そのようです。他に意味があまり見当たらないフレーズですし。米国のミュージシャンの間でも日本のアニメは人気ありますからね。

行川さん、大した質問でもないのにわざわざ調べて下さり本当にありがとうございました!

まさかと思ったら本当にガンダム由来なんですね!
なんだか彼等に親近感がわきました(笑)

色々大変でしょうがこれからも頑張って下さいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/565-e0e75aea

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん