なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

BRUTAL TRUTH『End Time』

endtime_album+art_convert_20110930100503.jpg


米国のグラインド・コア進化形バンドの2年ぶりの6作目。
再編後の2作目だが、
一発限りの再結成に終わらない順調な活動がうれしい。

セルフ・プロデュースが行なわれ、
スコット・ハル(AGORAPHOBIC NOSEBLEED、PIG DESTROYER)によるマスタリング。
2年前の来日公演時にインタヴューした際、
日本ツアーを最後にギタリストが変わる旨を新メンバーの名を挙げながらダン・リルカー(b)が語っていた。
でもクレジットによれば前作『Evolution Through Revolution』に引き続きエリック・バークが弾き、
他のメンバーを加速させるようなフレーズを連発して貢献。
唯一のオリジナル・メンバーになったダンはチャイナ・シンバルも叩き、
リッチ・ホーク(ds)はエレクトロニクスもあやつっている。


デス・メタルの骨格ではないが、
いきなり92年のファースト『Extreme Conditions Demand Extreme Responses』の1曲目も思い出す、
スロー・チューンでヤられた。
ときおり入るスロー・ナンバーの他の曲は2分以下が大半。
96年の『Kill Trend Suicide』以降の
ストーナー・テイストのタレたっぷりカオティック・グラインド・コアの音像ながら、
各パートは比較的よく聞こえ、
曲はハードコア・パンクをフリーキーにふくらませたようなヘヴィ・チューンの嵐だ。

止まらないドラムを筆頭に野放しでぐにゃぐにゃ変形したファストコアとも言える。
依然として音のメタル度は薄く、
曲は行方知らず。
暴走というのはこういう音を指す。
ヒリヒリ感を増した声でケヴィン・シャープ(vo)が吐く簡潔な言葉だけではなく、
サウンドでも世界中の混沌を魚眼レンズで見渡したような心象と情景を描き出す。

ダンとリッチのリズム隊は“オーガニック・グラインド”とも言いたくなる気持ちよさだ。
なにしろこの人たちは物分りのいいフツーの演奏をしないから。
直感でどんどん明日を知らないフレーズを創り出している。
15分強の本編ラストの曲はマトモとは思えないBRUTAL TRUTH真骨頂。
けいれんノイズとフリー・ジャズに15分以上ファックされ続けるグラインド・コアで恐ろしい結末だ。
初来日時に対バンもした旧友CATHEDRALのアルバム・タイトル『Endtyme』とは関係ないだろうが、
まさに“クサ”まみれの“終末感”に覆われている。

何曲にも分かれているし音楽性も違うが、
ルー・リードの『Metal Machine Music』やSLEEPの『Jerusalem』みたいに、
リピートで流しっぱなしにして精神安定音楽としても絶好のアルバムである。
なぜならネガティヴが反転して確信に満ちたポジティヴな流れの響きだから。


★ブルータル・トゥルース『エンド・タイム』(リラプス・ジャパン YSCY-1218)CD
20ページのブックレット封入。
日本盤は本編23曲の他に、
「Swift And Violent」の“ヴァイオレント・ヴァージョン”と
S.O.Bのショートカット・ナンバー「S.O.B」+DISCHARGEの「The Nightmare Continues」のカヴァーを加え、
ジョージ・セキによるほとんどの歌詞の和訳が付いた約57分26曲入り。
DISCHARGEのカヴァーは特に崩しているわけでもないのに、
根がUKハードコアではないBRUTAL TRUTHだけに原曲とまったくノリが違っていて面白い。


スポンサーサイト

コメント

行川さん こんにちは。
待ってましたのブルータルトゥルースです!まずは
ジャケットとインナーが最高にかっこいいですね。
一曲目からしびれます。2曲目への流れといったらもう震えます。
スコットハルの関わってるアルバムはホントはずれ無しですね。最近はヘッドホンで細部まで聴いてます。
来日公演がたのしみです。個人的には、エリック バークが引き続き参加しているのがうれしいです。
小生の感想だらけになってしまいました。 それでは、また。 失礼します。

松浦さん、書き込みありがとうございます。
アートワークは昔のプロパガンダ・アートみたいで面白いですね。ブックレットは印刷のいい匂いがしますし。
やっぱり曲の流れもいいんですね。だからリピートで繰り返して聴くと精神安定にいいのです。
エリックはいい仕事をしていただけに2年前にインタヴューした際に脱退すると聞いたとき残念でしたが、続行でよかったです。それぞれ生活のための仕事を持っているというのもあり、BRUTAL TRUTHも昔ほどツアーできなくて、メンバーのプライベートの生活をキープすることができるようになっているのも大きいのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/570-2607ea02

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (298)
映画 (264)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (46)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (126)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん