なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

TOMBS『Path Of Totality』

pathoftotality_900.jpg


ニューヨーク州ブルックリンを拠点にする“ヘヴィ・ロック進化形”トリオ、
TOMBS(トゥームズ)のサード・アルバム。

ここ数年は以前よりもますます細かいジャンル名を付けるのが困難な面白いバンドを世に送り出している
RELAPSE Recordsからのリリースということで、
期待を裏切らないユニークな作品だ。
BARONESSのアルバムで知られるジョン・コングレトンのプロデュースにより、
広がりのあるクリアー(≠クリーン)な音像がダイナミックな仕上がりに一役買っている。
ISISのブライアン・クリフォード・メイヤーがゲストで
シンセサイザーとキーボードを3曲で演奏した。

基本的にはギター、ベース、ドラムスの編成でサウンドの方は、
メロディアスになってからのKILLING JOKEにブラック・メタルをブレンドしたかのようである。
そこに90年代後半以降のNEUROSISっぽい音ながらも手数の多いドラムが加勢するが、
ブラスト・ビートを絡めつつゆったりしたテンポも多用し、
AMEBIXがモダンになったみたいなイメージも湧くサウンドを繰り広げる。
本作リリース元のRELAPSE Recordsと
元ISISのアーロン・ターナー主宰のHYDRA HEAD Recordsと
SUNN O)))のグレッグ・アンダーソン主宰のSOUTHERN LORD Recordsの間を行くニュアンス。
斬新とは言わないが、
ありそうでなかったタイプだ。

ヴォーカルは90年代のNEUROSIS風の太いハードコア・スタイルの中にブラック・メタルが息づき、
ときおりメロディアスな低域の渋い喉も震わせて歌心を感じさせる。
歌詞は隠喩に富んでシンボリックでもありつつ、
閉塞を突き抜ける気概が滲む。
石原洋が率いたバンドのWHITE HEAVENの向こうを張ったわけではなかろうが、
「Black Heaven」という曲のタイトルと歌詞が象徴的。

今後も期待大のバンドだ。


★トゥームズ『パス・オブ・トータリティー』(リラプス・ジャパン YSCY-1224)CD
約58分12曲入り。
日本仕様版は歌詞の和訳付。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/572-812bcd05

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん