なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ANSWER『Revival』(デラックス・エディション)

シ゛・アンサー UICO-9058,9, 1225 リウ゛ァイウ゛ァル


イギリスに属する北アイルランドのバンド、
“ジ・アンサー”によるサード・アルバムの“デラックス・エディション”。
2枚組CD仕様になっている。

14曲入りの本編の方はCDジャーナル誌の10月号のディスク・レヴューで書かせてもらったから、
約49分“ボーナス・ディスク”について言及する。
5曲のデモやアコースティック・ライヴ3曲などで構成されているが、
全11曲中7曲も本編とダブってないのがポイントだ。

本編と同様に、GUNS N’ ROSES・・・いやいわゆるバッド・ボーイズの体臭はあまりしないし、
ブルースやトラッドなどの伝統的な音楽を踏まえた70年代のバンドの凛々しい感覚を、
すっぱいぐらいに瑞々しく放っている。
大ざっぱに言えばLED ZEPPELINとAC/DCの間のキュートな子供たちみたいなサウンドだ。
メタルというよりハード・ロックという言葉が似合うのは、
歌心のあるバンドだからでもある。
FREEのカヴァーの「Fire An Water」も当然ジャストのハマりようだ。

デモの5曲はアルバムに収める曲の候補として事前に30曲録音したときのものと思われるが、
楽曲クオリティも音質もまったく問題無し。
ポピュラリティの完成度を高めるために本編から外したと想像できるほど骨っぽく、
いずれもボツにするのは惜しい佳曲である。
完全なお蔵入りにせずにこういう形ですぐに発表してくれると熱心ファンはうれしいものだ。

嫌味じゃないメジャー感が鼻をくすぐる。
ますますビッグになりそうだし、
たくさんの人に聴かれてしかるべきロック・ミュージックである。


★ジ・アンサー『リヴァイヴァル~デラック・エディション』(ユニバーサル・インターナショナル UICO-9058/59)2 SHM-CD
日本盤は、
24ページのブックレットに載ったコーマック・ニーソン(vo)による“『Revival』回想録”の和訳と、
本編の歌詞/和訳付。
ディスク2の方は日本盤のみのボーナス・トラック2曲も追加されている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/609-1005cf8b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん